« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

10000カウント突破

10000気付けばアクセスカウンタが10000を突破していました!めでたくキリ番を取った方はどなたでしょうか。
これまでに訪れてくださった方、ありがとうございます。皆さんからのコメントやメールにはいつも励まされています。TORITORIとSakiko、二人でブログをより充実させていきますので、これからもどうぞよろしく。感謝を込めて。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのサービスリリース、順番が逆

ココログの無料会員の方がサービスが良いのはなぜか?「それは、できなかったからです。」では、納得できない。「夜も遅くまで、働いてがんばった。週末も休まずがんばった」なども、理由にならない。どうしてもできないなら、無料会員へコース変更できるようにするべき。本来なら有料会員のサービスを整えてから、無料会員をスタートさせるべきでは?どう考えても、順番が逆ではないですか?さらに、有料会員は、無料会員の方にいいサービスを提供するために、突然のメンテナンスによるサービス停止を受け入れなければならなかったのか?ニフティから、有料会員の納得のいく説明をして欲しい。TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言われて見れば不思議です。

白神山地スリンキー(Slinky)という名前だったらしい。知らなかったぁ。階段や段差をジャーッジャーッと降りていくあのバネです。駄菓子屋とか祭りの夜店で見かけたやつです。タイム誌によると、スリンキーは、発売から60年だそうで、その製造工程は、門外不出の企業秘密で、未だ、誰一人取材を許されていないそうです。確かに、考えてみると、どうやって作るのか不思議だ。

※写真は本文とは無関係です。持ってないので、写真を撮れませんでした。(^^;
TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

封印

dance「PhD1年目は辛抱が必要」―このアドバイスが、何でも首を突っ込みたがる私を折々踏みとどまらせてくれます。遠出はしない、イベントは控える、必要の無い買い物には行かない、、、1年間の辛抱なのだから。
今年は歌を封印しています。始めるときりがないので。でも聴きに行くくらいは、と先週末演奏会に足を運びました。久々に合唱を生で聞くと、居ても立っても居られなくなり。体でリズムとってたよと隣のダンナからは言われ(恥)。あぁ封印が、、、Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テーブルを待つ人って誰?

restaurant"I've been waiting tables at a restaurant to save some money."直訳すると、「私は、いくらかのお金を貯めるために、レストランでテーブルを待っていました。」となる。意味不明である。実は、"レストランでテーブルを待っている人"は、まさに"ウエイター(待つ人)"であることがポイント。この文の意味は、「お金を貯めるために、レストランでウエイターをやってたよ。」となる。聞けば納得の話だった。もちろん、英和辞書を見れば、「給仕」の意味も載っているが、ネイティブの頭の中では、「待つ」と区別する意味ではないのだろう。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外で名前を書くとき

充電中携帯電話が届いた。お店で買うより、オンラインで買う方が安く、いろいろサービスも付いていたので、そうした。ただ、まだ、こちらの生活に慣れていないので、玄関に訪問者が来るたびに「ギクッ」とする。この電話を届けてくれたFedExの配達のお兄さんは結構気さくで、受け取りのサインを漢字でしたら、喜んでいた。そうそう、この名前を書くときに、迷うことがある、漢字で書くべきか、アルファベットで書くべきか…。明らかにサインとして要求されているときは、漢字にするようにしている。漢字を知らない人には、真似するのは至難の技だからだ。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミネソタナイス

not_yet小雨が降りだしたので傘を開こうとしていたら、通りがかりの人から「まだ降ってませんよ」と言われました。差している人に「もう止みましたよ」と言うならまだしも、差そうとしている人にまだ降ってないとは、、、ウケました。
2日後、帽子に手袋にマフラーをして寒そうに歩いていたら、通りがかりの(別の)人から「そんな格好するのは早いよ(意訳:まだ寒くない)」と、、、ツボにはまりました。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカで免許を取るぞ!(TORITORIの筆記試験編)

MN022Sakikoに続いて、TORITORIも筆記試験をパスした。Sakikoからいろいろ情報を得ていたので、だいぶ助かった。とは言え、なれない英語でのテスト…。"NO"や"NOT"のように明確な否定語ではなく、"He is the last man…"のような独特な否定の言い回しの時は、特に注意が必要だった。うっかり否定文と気づかなければ、当然間違えてしまう。。。また、よくわからないときは、「一番長い文の選択肢が正解」という法則を信じて、ボタンを押すと、画面には「正解」と表示された。ラッキー!!
そう、テスト中、自分の選んだ答えが正解かどうかその場ですぐわかり、途中経過もすべて確認できるようになっているのだ。
さて、合格後、必要な書類のチェックのとき、「それがないならあれを出して…」・「それじゃためだ…」などと、職員とやりとり。結局、「日本の免許証」、「国際免許証」、「パスポート」、「DS-2019」、「最終学歴の成績証明書」で落ち着いた。
ところで、なんで成績証明書なんだろう?「卒業証明書」ではダメと言われたのだ。成績が必要なの?優秀な学生だったかチェックしたかったのか?どうやら、優秀な学生だったと認めてもらえたらしい…ホント!?

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (2)

健康で維持可能な生活スタイル!?

Lake Como確かに、車がないと不便かもしれない。でも、当面は、車のない生活。そんなとき、買い物など出かけるときは、とりあえず自転車が役に立つ。アメリカンな食事で摂取した高カロリーを、消費するにもちょうどいいエクササイズかもしれない。今年は、例年になく暖かいらしく、それもサイクリストには嬉しい。
日本ではほぼ毎日のように飲んでいたビール。近所にアルコールを扱っているお店が少ないので、今のところ我慢している。買い物に行っても、自転車で運べる物の量が限られているから、諦めざるを得ない。この点では、日本にいるときより健康的な食生活かも…。少なくとも僕の肝臓は一息ついているだろう。
さて、このような生活がいつまで維持できるだろうか?本格的な冬到来までの話だろうか…

TORITORI

| | コメント (3) | トラックバック (1)

火事だ!

fire夕方突然、火災警報器が鳴り出しました。火事ではなさそうだけど、テストかな?住民皆おずおず外に避難。一人が「晩御飯の仕度で煙が出た」と話しているみたい。そう言われれば魚を焼いたような臭いが。消防車が2台、大きなハシゴ車が1台駆けつける大騒ぎになりました。セントポールの消防士さんはすぐに来て動きがてきぱきしていて頼れます。でも、うかつに魚も焼けないのか、と勉強になりました。Sakiko

| | コメント (1) | トラックバック (1)

家庭内乱!?

modemプロバイダとの契約が、「インターネットに繋げるのは1台」となっていた。夫婦共々、インターネットが欠かせない。お互いに譲り合っていたら、そのうち、まさに家庭内乱勃発。もちろん、追加料金を払えば、もう一台繋げるようになるが、その追加料金がなぜか高い。せっかく安いプロバイダを選んだのに…。そこで、家庭内乱を防ぐため、家庭内LANを構築。プロバイダ側から見ると1台しか接続されていないようにして、ちゃっかり2台のマシンでインターネットを利用している。これが、本職を活かした最初の仕事だった。時差ぼけでパッチリ目覚めてしまった朝3時の事だった…

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片道切符

ミネアポリス・セントポールへ11月5日、とうとう出国の日が来た。妻Sakikoの待つセントポールへ。片道切符での出国は初体験。必要な書類は持っているつもりだが、不安は消えない。出国は何事もなく済んだが、それは書類が揃っていることを何も保証してくれない。
米国での入国審査のとき"Visitors"と"New Immigrants"のどちらに並ぶかでまず迷った。審査中は、案の定、必要な書類を捜すのに手間取って、結構焦った。それでも、特に大きなトラブルもなく、無事入国できた。
Sakikoに3ヶ月遅れでミネソタ入り。これから、初めての海外生活が始まる。。。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (1)

空ニ吸ハレシ心

washington_ave_bridge_sunsetミネソタの空が好きです。凛と突き抜ける青空も素敵ですが、お薦めはメルヘンチックなパステルカラーの夕焼け。全方角に流れる薄紅~青のグラデーションには言葉を失います(見る度に色が微妙に違う)。ミネアポリスキャンパスからは、ダウンタウンの高層ビルに吸い込まれる黄金の夕日が見られ、これまた圧巻です。最近、朝焼けも負けず劣らず美しいことに気付きました。コンクリートジャングルの東京にいた時は見上げもしなかったけれど、今は空を眺めてばかりです。Sakiko

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ハロウィーンだよチャーリーブラウン

great_pumpkinこの時期恒例のTV番組があります(「大晦日だよドラえもん」的な存在か?)。ライナスが「ハロウィーンにはグレートパンプキンが来てプレゼントをくれる」と信じてかぼちゃ畑で待つけど勿論来ない、という他愛もない話です。これが、当日ではなく6日前に放映されます。「ハロウィーンはクリスマスと違うんだからプレゼントを期待しないでね」っていう大人側の思惑が見えるような。勘ぐりすぎ?Sakiko

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »