« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

舌切り雀、お宿はどこだ…♪

big box路上に無造作に置かれた巨大な箱。「舌切り雀」のおばあさんが置いていった荷物だろうか。こりゃー、確かに大きすぎる。おばあさんには重かっただろう。
実は、これ、どこかのお宅に配達された荷物のようです。さすが、アメリカ。宅配荷物のスケールもデカイ!この箱は、数日放置されたままのこともある。治安が悪く、引越しも業者に頼めないと言うここアメリカで、このように荷物を放置できるのは、比較的治安がいい証拠なのか…。その気になれば、これくらい巨大な危険物も放置できるってこと!?
「舌切り雀」のおばあさんは、蛇やムカデに懲らしめられたと言うけれど、爆弾とくらべれば、まだましかもね…。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットワークはラビリンス

labyrinth先週頭から、ネットワークが不安定になった。
当然のことながら、プロバイダー側は、「たこ足配線してませんか?」とか「パソコンで余計なソフトは動いていませんか?」「ウィルスに感染してませんか?」などを聞いてくる。当然の対応とはわかっていながら、いらいらする内容だ。こちらには問題ないことを証明するために、様々なテストを繰り返し、データを取得して、プロバイダー側に送る。すると「よくわからないから、技術者を派遣するよ。」と。そうこうしているうちに、先週末、ネットワークはとうとう繋がらなくなった。
技術者が来るのは、「早くて4日後です。」…もう、最悪。技術者が来る当日の朝、電話がかかってきて、「昨日の夜直しておいたから、繋いで見てよ。」と。そしたら、なんとか繋がるようになっていた。「なんだよ。やっぱり外に問題があったんじゃん!リモートで直せるなら、もっと早く直してくれよ」と言いたいところ。が、もう、その気力はない…。
しばらく様子を見ていたが、不安定なのは相変わらずで、「やっぱり、不安定だよ」と連絡すると、当然のことながら、プロバイダー側は、「たこ足配線してませんか?」とか…。あっ、ハマッタ。この無限地獄の迷宮から簡単に抜け出すすべを誰か教えてください。日本語でも抜け出せた例がないのに…。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬将軍の反撃

charie今年の冬はさほど寒くないと書いたばかりですが、先週末は寒くなりました。風も強く、体感温度は-30度。殺人的な寒さです。室外に出るためには気合いと念入りな準備とが必要。ちょっと歩くと息切れし、目はうるうるし、帽子を二重にかぶらないと頭が痛くなります(フィンランドで聞いた話によると、脳が凍傷になるらしい)。寒いと、身体を維持するためにエネルギーを使うので痩せると聞いたことがありますが、その他に良いことはないのでしょうか。しかもこういうときに限ってインターネットの調子が悪く、気温のデータ(左)が取得できていません。残念。Sakiko

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BBC Learning English

BBC Learning Englishここ、ミネソタに来てからは、周囲には英語があふれていますが、日本にいるときは、英語に触れるには、それなりに苦労しました。特に、お金をかけないことが重要で、次に、ほどほどの量であること。そして、興味が長続きすること、英語の音声に触れられること。これらの条件を満たすものは、そう簡単には見つかりませんでした。
そんな中で、これらの条件を満たしたものが、タイトルにある「BBC Learning English」でした。文字情報だけでなく、音声情報(基本的にスクリプト付き、学習者にはこれが嬉しい)も提供されていて、しかも無料定期的に更新されていて、飽きません。全部読む必要はなく、興味のある記事の拾い読みでも、十分楽しめます。自分のレベルにあわせて活用できる点が、良かったのかもしれません。英語学習者を対象にしていて、とても役に立ってます。アメリカにいる今も、たまに見てるページです。TORITORIからのお勧めサイトでした。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (1)

英訳マンガ

manga近くの図書館には、日本でお馴染みのマンガ(単行本も少年ジャンプも)が豊富に取り揃えられています。冒険モノなど現実離れした設定のマンガが人気のようですが、懐かしのめぞん一刻もありました。台詞やオノマトペは全て英訳されています。原作通り右から開く本がほとんどです。これをきっかけに日本に憧れ、日本文化に興味を持つ子供達がたくさんいます。誇るべき文化です! Sakiko(遊戯くんファン)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

国際色豊かな英会話教室

bunting通い始めた英会話教室はとてもインターナショナル。ホームステイや留学経験のない自分にとっては、とても新鮮。なぜなら、生徒の母国が、アルゼンチン、イラン、ウクライナ、韓国、コスタリカ、台湾、チェコ、トルコ、フランス、ベトナム、モロッコ、…などなど、そして日本だからだ。それぞれ母国語が違うと、独特の英語の発音します。日本人は、私一人です。クラスメイトとは、英語でしかコミュニケーションがとれません。しかし、互いに英語は得意ではないので、大変です。また、話が国際情勢や歴史的なことになると、とても難しい。日本人同士でも、気を使うのに…。最近は、IAEAの話題がホットですが、教室の空気は冷たくなります。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (1)

zipcar

zipcar今学期から大学がカーシェアリングのzipcarと提携し、構内の駐車場から30分単位で車を借りることができるようになりました。冷静に考えるとかなりお得なのですが、都度お金がかかるとなると、ちょっとそこまでの買い物も敷居が高くなってしまうもの。トータルでは損でも毎回無料で使っている気分になる一括払い(ここでは車の購入)を人は好む、ていうのを行動経済学の授業で習ったなぁ。。。Sakiko(まだ一度しか使ってない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Winter Carnival

winter_carnival
この10日ほど、ここセントポールではウィンターカーニバルが開かれています。氷の彫刻、パレードなどの各種イベントがあり、(モールオブアメリカに押され気味な)セントポールを盛り上げようという気概が見られます。新聞社がスポンサーとなり、期間中毎日紙面にヒントが載る宝探しも毎年恒例です。それにしても、この時期にまさか氷が融けるとは誰も思わなかったでしょうね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »