« アメリカで車を購入するぞ!(自動車保険編 その2) | トップページ | 花盛り »

アメリカで車を購入するぞ!(お店選び編)

セントポールのフォードの工場さて、購入する車がYarisに決まった次は、購入店探しである。インターネットでディーラーを調べ、対応がよさそうなお店を数点選んでおいた。とある週末、車を借りて、ディーラーめぐり。ここアメリカは、車社会。どこに行くにも車が必要だからだ。公共の交通手段もあるが、下手をすると、十数倍の時間がかかったりする。それを考えると、車を借りるコストは安いものだ。

お店に行って、まず驚いたのが、情報量の少なさだった。アメリカにとってトヨタ車は外車。これはどうしようもない事実のようだ。また、販売が始まったばかりの車だけに、注文生産を受け付けていなかった。日本で、新車を購入したときは、好きなようにオプションを選べたが、今回はどうしようもなかった。運良く自分の好みに合ったオプションの車が日本から輸入されてくるのを待つしかなっかった。ところが、このオプションの組み合わせが、またとても限られていた。かなり妥協せざるを得なかった。外車を買うとはこういうことなのだろうか?日本で外車を買ったことがないので、よくわからない。

次に、セールスマン。これも、また面白い。「あなたのところで買うとどんなメリットがうけられるの?」と聞くと「うちは、この辺りでは、No.1のシェアだ。歴史もある。うちから買って損はない。それに、他の店には僕はいないよ。」とな…???。一方では、「ここで君達が購入を決めてくれなかったら、僕の今までの努力はどうなるんだい?」なんて言うセールスマンも。個人の問題?それとも、文化の違い?結局、明確にメリットを示してくれたところから買うことにした。

ところで、セントポールには大きな自動車工場(=写真)がある。フォードの工場だ。ここの閉鎖が決まったようで、ミネソタでは大きなニュースになっていた。道路を走っていても、見かける車の比較的新しいものはほとんど外車(つまりアメ車以外)。路駐の車も同様。私たちが利用している駐車場にいたっては、すべて日本車(車の持ち主は、私たちだけが日本人)。そんな状況を見ると、已むを得ずということか…アメリカでアメ車が売れていない現実を身近に感じられる。

TORITORI

|

« アメリカで車を購入するぞ!(自動車保険編 その2) | トップページ | 花盛り »

コメント

車の購入頑張ってください。
私も米国に来て、車の買い方の違いで驚きました。特にオプションの付け方がぜんぜん違いましたね。私が購入したときには、トヨタ以外はディーラーに置いてあるものの中からしか選べませんでした。トヨタはオプションの種類こそ日本よりは多くありませんでした、自由に選べました。納期は数ヶ月待ち。値切りは無し、それでもやっていけるトヨタって売れてるんですね。保険も何度か会社を変えて安くなっていきました。

投稿: t_nemo | 2006/04/27 18:39

いつもコメントありがとうございます。そうですね、保険は6ヶ月単位なので、すぐ更新ですよね。がんばります。

投稿: TORITORI | 2006/04/28 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/9595876

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで車を購入するぞ!(お店選び編):

« アメリカで車を購入するぞ!(自動車保険編 その2) | トップページ | 花盛り »