« Minnesota Ironman Bike Ride | トップページ | グーグルマップ+GPS×デジカメ写真=? »

自動車の右側通行から派生して

Lake Phalenご存知の通り、ミネソタでは車は右側通行である。日本と逆です。これが自転車にもいろいろと影響するのだと気づかされた。きっかけは「ブレーキは右前それとも左前?」というブログからだった。
そう考えると、


  • 手信号は、右手?左手?

  • 自転車を押して歩くとき、人は右側?左側

  • 止まったときに、地面に片足つくとき、右足?左足


いずれも日本では、太字が推奨されていたと思う。車との位置関係から安全のためと認識している。しかし、先述のブログを読んで、これらも日本とは逆の可能性もあるのではないかと考えるようになった。
調べてみると、手信号は日本と逆で左手を使うようだ。これは、州の交通規則マニュアルに書かれていた。残る2つは、長い間冬だったため、あまり、外で自転車を見かけずに謎のまま。
ようやく春が来て、自転車に乗っている地元の人々を見る機会に恵まれた。自転車を押して歩くときの立ち位置は、日本と同じのよう。「車と反対側のほうが安全じゃないの?」とある人に聞いてみたが、「道が広いからいいのさ!」とあっさり。片足着くときの足?また、そのうち。
TORITORI

|

« Minnesota Ironman Bike Ride | トップページ | グーグルマップ+GPS×デジカメ写真=? »

コメント

 私見ですが、押して歩くのは日本と同じだと思います。反対側はチェーンとかあるので押しづらいと思います。片足着くときも日本と同じで、チェーンとかが無い方を先に着いているような気がします。さて真意はどうなんでしょう。

投稿: Nemoto | 2006/05/04 10:06

コメントありがとうございます。押して歩くときに立つ側は、なんとなく、そうだろうと納得してます。その他は、どうなんでしょう、私にもわかりません。私自身は、自分で安全だろうと思う方を優先してます。

投稿: TORITORI | 2006/05/06 04:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/7454289

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車の右側通行から派生して:

« Minnesota Ironman Bike Ride | トップページ | グーグルマップ+GPS×デジカメ写真=? »