« サウスダコタへ その2:見所!? | トップページ | Going My Way »

サウスダコタへ その3:ワイルドライフ

プレーリードッグプレーリー草原と言えば、プレーリードッグ。草原に白い斑点が見えたら、プレーリードッグの掘った穴です。場所によっては、人に慣れたプレーリードッグもいるようで、写真を撮ろうと近づいても、逃げたりしません。その愛くるしい仕草や不思議な行動に、眺めていると時間を忘れます。鳴くときは、背伸びをしながら高い声で「キーッ」と鳴きます。
バイソン
もうひとつの、気になる動物は、バイソン。マウントラッシュモアから南へ16km程のところにあるカスター州立公園で見ることが出来た。写真は、バイソンの親子。気温は16℃程だったが、暑かったのか、道路わきの水溜りへ水浴びに向かう途中のようでした。水溜りには、既に沢山のバイソンが…。
Needlesカスター州立公園内、いくつかレストランがある。公園自体が広く、他に施設もないので、選択肢はなく、そのうちの1つステートゲームロッジ(State Game Lodge)に仕方なく入った。高原のおしゃれなロッジ風で、その高級感に一瞬たじろぐ…。日本の感覚からすると、軽く数千円は行きそうな雰囲気。ところが、ランチビュッフェで一人チップ込みで10ドル強。味も、アメリカとは思えない美味しさで、大満足。その他、公園内のニードルズ(Needles:針山とでも訳せばいいのかな!?)と呼ばれるところも、針のように突き出た岩山が不思議な景色を作り出していて、面白い。この公園もおすすめかも。

サウスダコタ発行の観光ガイドによると、第三の彫刻の計画も進行中だとか…。往復2000kmを超えても、アメリカのほんの一部分でしかないなんて、アメリカがkmではなくmileを使い続ける理由が、そのスケールにあるのではないかとも感じられる旅だった。

TORITORI

|

« サウスダコタへ その2:見所!? | トップページ | Going My Way »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/10425707

この記事へのトラックバック一覧です: サウスダコタへ その3:ワイルドライフ:

« サウスダコタへ その2:見所!? | トップページ | Going My Way »