« 到達度「流暢」の「りゅ」レベル | トップページ | No one died when Clinton lied »

ハイウェイの出口

Highway exitこれは高速道路の出口の案内標識の写真。こちらでは「出口の番号」=「起点からの距離」になっている。つまり、写真の出口は、ある基点から、119マイルの距離にある出口と言うこと。それに気づくまでは、「無秩序に番号が付けられている、なぜ?」と不思議だったが、気づいてみると、結構合理的だし、便利。日本のように通し番号だと、距離を改めて明示しなければならず、必然的に標識が増える、あるいは、1つの標識の情報量が増える。また、新たに出口が増設されると「3-A」や「5-C」などのように番号体系が複雑になっていく。番号体系が複雑になった瞬間、通し番号のメリットの1つは、見事になくなってしまう。

標識がシンプルになり、数も減れば、経費削減になる。利便性がそのまま確保されるのではれば、高速道路料金の値下げにつながるかも。各高速道路株式会社のみなさん、検討の価値があるのでは?

TORITORI

|

« 到達度「流暢」の「りゅ」レベル | トップページ | No one died when Clinton lied »

コメント

国によって随分違うんですね。TORITORIさんの言う通りですよね。高速道路関係の皆々様に検討して頂きましょう!

投稿: カッキー | 2006/06/19 19:23

コメントどうもです。国によって違いますねぇ。当たり前と思っていたものが、当たり前じゃなかったりしますから…。その違いを素直に受け止めて、「なぜだろう?」と考えるようにしています。他にも見つけたら、このブログで紹介したいと思っています。

投稿: TORITORI | 2006/06/20 02:11

 ハイウェイの番号の付け方とか出口の番号の付け方。合理的だし分かりやすいですよね・・・。と、そんなつもりでニューヨーク州に車で出張に行ったらやられました。ハイウェイの出口の番号がこの州は連番でした。ニューヨーク州に入ったら1マイルおきに出口があって凄いと思っていたのに走れども走れども出口は無し。焦りました。せめてハイウェイくらいは全米共通にして欲しいと思いますが、この国では無理かな。

投稿: Nemoto | 2006/06/20 02:48

Nemotoさん、いろいろお世話になってます。連番の州もあるとは、全米で統一されたものではないんですね。さすが、アメリカ合衆国!ハイウェイの番号が共通なのは奇跡ですね。

投稿: TORITORI | 2006/06/20 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/10570505

この記事へのトラックバック一覧です: ハイウェイの出口:

« 到達度「流暢」の「りゅ」レベル | トップページ | No one died when Clinton lied »