« Chicago | トップページ | 気温が100度を超える!? »

精神衛生上良くなかった資格試験に

St. Paul資格試験を受けてきた。参考書として使った本は、フレンドリーな書き方がされているが、その分、少々まとまりが悪いものだった。説明がまどろっこしくなってしまっていたのだ。
また、練習問題が酷かった。いたるところに、本質的でないつまらないひっかけ仕込まれている。本には、本番で困らないように、問題は少々難し目に作ってあると書いてあるが…「本当に本質的でない部分で意地悪に失敗させるような問題ばかり出るのか?」と思いながら、その罠に引っかからないように疑り深くなりながら、勉強を続けた。非常に精神衛生的に良くない勉強だった。

さて、試験の結果であるが、合格できた。留学経験などないので、電話帳のようなテキストから、試験の申し込み、合格証書まで、全て英語は初体験だった。だいぶ英語に慣れてきたのかな…。それにしても、テキストにあったような意地悪問題はなかったように思う。あのテキストは、ちょっとやりすぎの感がある。実際の試験問題はいたって素直だった。Amazonにカスタマーレビューの欄にコメントを書き込んじゃおうかな。

TORITORI

|

« Chicago | トップページ | 気温が100度を超える!? »

コメント


試験合格おめでとうございます!しかし、そんなに厄介なテキストがあるんですか!でも、そのテキストのお陰で、本番がスムーズだったのですかね?
すごいな〜。手続きの時点で挫折しそう。。。
英語生活満喫ですね〜〜〜

投稿: かっきー | 2006/07/11 07:52

ありがとうございます。確かに、そのテキストのおかげで、問題に穿った見方で取り組めたのは良かったかもしれませんが…。お人好しのTORITORIにはきつかったぁ。

投稿: TORITORI | 2006/07/11 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/10868314

この記事へのトラックバック一覧です: 精神衛生上良くなかった資格試験に:

« Chicago | トップページ | 気温が100度を超える!? »