« 環境後進国アメリカ | トップページ | 三十の手習い »

小さな音で大きく変わる

I bought you a house."I bought you a house."と"I bought your house."前者は、「あなたに家を買ってあげた。」後者は、「あなたの家を買った。」意味がぜんぜん違う。文字で読めば、その違いは明瞭だが、音で聞くと、TORITORIにはその差がさっぱりわからない。もちろん、文脈や文法で判断できるときはあるのだが…。あるミネソタ人曰く「貴方達には、Rの音が難しいからでしょう。」なるほどね、一理あるかも。"you a"も"your"もカタカナにすると「ユーア」「ユア」、ラ行の音なんてどこにも無い。難しいわけだよね。

では、日本人の耳はそんなに悪いのか?というとそうでもない。「キャンディを友達と先生に配った。」と「キャンディを友達と先生に配った。」両者の意味の違いは、日本語を母国語とする人なら、明白だろう。(前者には意味的にあいまいな部分がある。)しかし、日本語を習っているミネソタ人曰く「そんな小さな音わからないよ。だから、気にしない。」と。え~っ、気にしてくれよぉ。

TORITORI

|

« 環境後進国アメリカ | トップページ | 三十の手習い »

コメント


この違い!!難しい・・ほんと聞きとれません。
っていうか、ワタシはソレ以前の問題が多すぎますが!
この前インドネシアに行った時、日本語を勉強している現地の方が、本当に日本語は難しい!って、嘆いてました。こんなに日本語喋れるんだから英語だって喋れるはずだ!!と変な理屈で自分を励ましているだけのワタシ・・・
だから、ダメなんだよ!って声が聞こえそう・・

投稿: カッキー | 2006/08/08 22:12

カッキーさん、僕も日本語って難しいと思います。日本語を話しているミネソタ人と会うと、「この人たち、ほんとにすごいなぁ」と思ってしまいます。一方、英語の方が日本語より簡単だと思うのですが、自分は話せないんですよね。声に出して話すことが重要なのはわかっているのですが、アメリカにいても、ただ居るだけじゃ、なかなかそのチャンスが無いんですよね。こっちに来てからずっと悩んでいる問題です。

投稿: TORITORI | 2006/08/09 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/11174998

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな音で大きく変わる :

« 環境後進国アメリカ | トップページ | 三十の手習い »