« 小さな音で大きく変わる | トップページ | 働けるありがたみ »

三十の手習い

Inline_skatingこの夏、インラインスケートを始めました。颯爽と滑る人を目にするたびにやってみたいなぁと思っていたので。皆子供の頃にマスターするのに今頃始めるなんて、大人になってから自転車に乗る練習をするような気恥ずかしさが無くも無いのですが、やりたい気持ちに年齢は関係ないってことで。今のところ、歩くより遅いし疲れるし、知らない人に「頑張って」と声をかけられてしまうくらいの超初心者なのですが、そのうち楽しめる程度に上達する、、、ことを願います(一緒に始めたTORITORIは、さっさと上手になってしまいました)。Sakiko

|

« 小さな音で大きく変わる | トップページ | 働けるありがたみ »

コメント


こんばんは!このように、道具を使うスポーツに滅法弱いです。
ローラースケートとインラインスケートの違いは何ですか???
いくつになっても習い事していたいですよね!
新しい事に挑戦するって素敵な事だと思ってます。
TORITORIさんは上手なんですね?
バランス感覚が良いんですかね?
私が行く頃までに相当上達しているのでは??

投稿: カッキー | 2006/08/08 22:18

ローラースケートは4つのローラーが前後に2つずつついていて、インラインスケートは一列に並んでいます。アイススケートに似ているので、スケートが滑れる人(TORITORIも)には簡単みたいです。カッキーさんのバランス感覚をもってしたら楽勝です!きっと。

投稿: Sakiko | 2006/08/09 10:39

いえいえ、ただ滑れるだけです。かっこよく滑ったり、止まったりはまだまだです。(映画で見るような)水着で颯爽とすべる女性から、ベビーカーを押しつつスーイスイっと滑るお母さんまで、みんなかっこいいですよ。あっ、女性ばっかり見てるわけじゃないですよ。上半身裸のマッチョのお兄さんも滑ってます^^;どれも、日本ではあまり見かけなかったですね。

投稿: TORITORI | 2006/08/09 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/11332808

この記事へのトラックバック一覧です: 三十の手習い:

« 小さな音で大きく変わる | トップページ | 働けるありがたみ »