« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

パン屋さんデビュー

Breadmakingパンやピザは自分で作った方が美味しいと聞いてはいたものの、スライスするのが面倒だしな~と躊躇していました。でも銀行のカードのポイントがパン焼き機(breadmaker)と交換できることに気付き、先週ついに手に入れてしまいました!食パンを焼いたり、生地まで作って成形してオーブンで焼いたりと、楽しんでいます(^o^)
レシピはネットで見つけていますが、それぞれ微妙に配合が違っていて、ホームベーカリー初心者としてはどれが自分に最適なのかよくわかりません。試行錯誤中で、次は何を作ろうかなと考えるのもわくわくします。今のところ全部おいしいパンが焼けています。焼いているときの香りがたまりませんね。。。 Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中はないんでしたっけ?

冬予定より一週間遅れで、自転車通勤を開始した。路肩の雪も消え始めた先週から始める予定だったが、気温が予定より低かった事、天気が悪かった事などから、見送っていた。そして、今朝、いつもの天気予報のお兄さんの"ゴージャス フィーリング(Gorgeous feeling)"の言葉で、自転車通勤の決行が決まった。日中の気温も20度を越えた。
夏ミネソタの気候は内陸のせいかとても極端。少し前まで氷点下だったのに、いきなり初夏を思わせる気候になる。日本語で三寒四温と言うけれど、寒と温が極端なのだ。その証拠に、最初の写真(左上)が通勤経路にある湖の写真。しっかり、表面は凍っている。一方、次の写真(右下)は、真夏を思わせる入道雲。真冬と真夏が同居するミネソタの春である。その途中がみあたらない。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代理出産に思う

Almost_spring向井亜紀さんの敗訴は残念。隠すのが通例のところ、知名度を生かして次の世代のために一石を投じた勇気を陰ながら応援していたのですが。

以前ニュースで、代理出産の是非を検討する審議会のメンバーが映った瞬間、「これはだめだ」と思った記憶があります。見た目で判断するのは良くないにしても、保守的な、その問題とその人の人生とは関係なさそうな年のいったオジサンばかりだったのです。これで当事者の意見を汲み取れるのか。ネットで見つかる感情的な、議論に値しない誹謗中傷も、無知によるのが大きいところをみるとあまり関係ない人たちが書いているのでしょう。

この代理出産にしろ、夫婦別姓にしろ、性転換にしろ、反対する人たちの殆どは全く関係のない人たち。その立場に想いも馳せず勝手なことを言うばかりです。日本は多様な生き方が認められにくく、平凡に生きる道を踏み外したらキツイ。「何事も経験」は私の好きな言葉の1つですが、「人生、経験できることには限りがある。そのため人には想像力が備わっている」という言葉も同様に好きです。今の世の中は想像力が足りないのでしょうか。Sakiko

| | コメント (1) | トラックバック (0)

手押しゴンドラ

手押しゴンドラしばらく、Lutsenへの旅行ネタが続いていますが、今回も、その旅行から。

中西部最大のスキー場らしく、ここには、写真の通りゴンドラもあります。中西部のスキー場では唯一だそうです。
このゴンドラ、駅に入ってくると自動的に止まります。係りの人が、扉を開け、客を降ろした後、乗る客が待っているところまで、せっせとこのゴンドラを押していきます。客が乗った後、所定の位置まで、さらに押します。今度は客が乗っているのできっと重いことでしょう。(巨漢のアメリカ人が4人も乗ったらどうなる事か…。)
そして、いよいよ、出発です。目視によって、安全が確認され、他の運行中のゴンドラとのバランスがとれたら、ヒモを引きます!写真はその瞬間のものです。係りの人は、右手でヒモをしっかりと握って、その瞬間を待っているのです。ヒモが引っ張られると、ガラガラガラと轟音をたて、ゴンドラは飛び出していきます。これを一人の係りの人が延々と続けます。

駅と駅の間はちゃんと人力以外の動力(未確認!?)で動いているようですが、駅では手押しというゴンドラでした。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Duluth

DuluthLutsenに行く途中に通るのがDuluthという街。スペリオール湖沿いの港町で、この写真の橋が象徴する観光地でもあります。確かに美しいのですが、個人的にはStillwaterと同じに見え、目新しさはありませんでした。

「This is not the Midwest. Can’t be. There are ships here. Sailors. Seagulls.Everything you’d expect on the coast.(Duluthのパンフより)」そう、人気の理由は海のような湖。海無しミネソタンにとって海は憧れなのです(湖岸をビーチと呼ぶのは前にも述べたとおり)。なるほど。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星空のハイウェイ35

OrionLutsenスキー場で夕方までみっちり滑った後、帰途に着いた。スキー場周辺は霧が出ていたが、ダルース(Duluth)を過ぎた辺りから、天候は回復し、すっきりと晴れ渡った。プレーリーの大平原、地平線以外に視界を遮るものはない。南北に延びたハイウェイ35を、満天の星のもと、雄大なオリオンへ向かって走るドライブは、旅のフィナーレには、ちと豪華すぎる。

TORITORI

※写真は合成です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Lutsenでのアメリカ初スキー

Lutsenカナダ国境近くまで車で北上すること4時間半、ミネソタで一番大きなスキー場Lutsen(ルツン)に行ってきました!寒すぎるのと高い山がないのとでミネソタでのスキーにはあまり乗り気ではなかったのですが、コロラドやカナダに行くよりは安いしね。。。
私達が行ったときは暖かく、雪がシャーベット状になっていたのは残念。でも山が4つあり、初心者から上級者まで様々なコースが楽しめるスキー場です。何といっても眺めが最高!眼前にスペリオール湖を臨んで滑るなんて、素敵でしょう?Sakiko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Daylight Savings Time

Daylight_savings_time今週末(3月11日)からサマータイムです。2年前に議会で決まったとかで、今年からサマータイムに入るのが3週間早いのです。まだ雪が残っているのにサマータイムとは妙ですが、アメリカではsummer timeではなくdaylight savings timeと言うので、違和感はないのかもしれません。

飛行機に乗り遅れるなどの混乱はあっても、大きな問題は起こらないだろうと政府は楽観視しているようです。でも面倒です。Y2Kとまではいかなくともコンピューターの誤作動が予想されるため、各自パッチをあてるよう学校から通達が来たりもしました。アメリカとの時差が気になる皆様も、お間違えの無いように。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bicycling Travel & Fitness Expo

Mn_560昨年に引き続き、今年も"Bicycling Travel & Fitness Expo"を見てきた。昨年のおすすめ海外サイクリングはニュージーランドだったけれど、今年はイタリアになっていたりと(当然ながら)微妙に展示内容は違った。目的は、ミネソタ周辺でのCentury Rideのようなサイクリングイベントを探す事。土地勘ができたこともあり、地名を理解できるようになったため、彼らが何を展示しているのかもわかってきた。その結果、お目当てのサイクリングイベントも昨年よりもたくさん見つけられた。

冬の間にすっかり鈍ってしまった体を復活させ、それらのイベントに参加したいと思ういい刺激になった。今年も最初のイベントはMinnesota Iron Man Bike Ride。しょっぱなにしては、ちょっときつすぎるんだよなぁ…。

※Century Ride (センチュリーライド):100マイル(160km)を所定の時間内に完走するというサイクリングイベント。レースではない。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向きになった冬将軍

P3020049これの前の投稿にあった「雪が降って困ることはあまりありません」の部分が、どうやら、冬将軍を向きにさせてしまったようです。投稿された日の夜から雪は降り続き、とうとう我が家の車はこんな状態に…。そうです、ぱっと見よくわからないと思いますが、雪に埋もれた車なんです。メインストリート以外は除雪も間に合わず、我が家の車では、幹線道路に出るのも困難な状態に…。雪国育ちではないので、いやー、本当に困りました。冬将軍さん、この投稿も読んでね!

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言い訳は雪の精

Closed_sidewalk先週末は久々の大雪でした。ここミネソタでは除雪車がすぐに出動して道路の雪をどけてくれます。アパートは管理人さんが雪かきをしてくれます。今のところ雪が降って困ることはあまりありません。
でも必要な道しか雪かきされていません。道路や階段も2/3くらいは閉鎖。いつも斜め横断している道を直角に歩かないといけないのは意外と時間のロスですね。授業に遅れそうになることも。雪の(精の)せいですって。Sakiko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »