« ウロス島のトイレ | トップページ | ハチドリ »

自分の名前の町って!?

(前の記事からの続き)専用車でリマからナスカへ向かう。太平洋岸の道をひたすら南下する。観光バスだけでなく、トラックも結構通る。産業的にも重要な道路のようだ。ナスカの地上絵のトカゲの尻尾を横切って建設されたこの道、最初は何でと思ったが、生活もかかっていたのか。

リマリマの市街は渋滞がすごい。東京よりもひどい。TORITORIにとっては、東京よりひどい渋滞は初体験。そこらかしこでクラクション、車線や信号は機能しているようには見えない。歩行者がいても、クラクションを鳴らして、どんどん車が突っ込んでくる。どういう駆け引きで、このひしめき合った車たちが衝突もせず流れているのか、まったくよみとれなかった。もし、TORITORIが運転したら、多分、1mも進めないかもしれない。

P8033930ナスカまではおよそ7時間。ようやく渋滞も抜け、スムーズに走り出す。と、突如、砂漠の中に"Satomi Kataoka"の看板が。へ、日本語!?それも、人の名前!?どうやら、村の名前らしい。フジモリ元大統領の夫人の村だそうだ。フジモリ元大統領の名前を冠した村もあるそうだ。びっくり。運転手さんに、「あなたの街は?」と聞いたら、「まだ」との回答。がんばってください!

オアシス途中、砂漠のオアシスや、ライオンやインカ人の顔の岩など、細かいポイントで止まってくれた運転手さん。バスではそうも行かなかったので、感謝です。

ミラドールと呼ばれる監視塔で、木と手の地上絵を見た後、ナスカの町へ。どことなくこぎれいな町だった。観光客がうようよいるかと思ったが、地元の人らしき人もたくさん。こんなところからも、観光だけではなく、交通の要所としても機能しているのかな…なんて考えてみた。

TORITORI

|

« ウロス島のトイレ | トップページ | ハチドリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/16074823

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の名前の町って!?:

« ウロス島のトイレ | トップページ | ハチドリ »