« 天空の都市マチュピチュ | トップページ | バイリンガル・ガイド »

震えが来るワイナピチュ

Machu Picchu(前の記事からの続き)3日目の朝、手持ちのGPSでは、6時過ぎが日の出の時刻とあった。もたもたしていた事もあって、6時半過ぎにマチュピチュに到着。空はすっかり明るかったが、四方を山に囲まれているため、マチュピチュには陽が当たっていなかった。ラッキーッ!

人も少なく、ゆったりと見学できる。昼間とはまたちがったマチュピチュを堪能できる。これは、日帰りでは楽しめない。やっぱり、一泊してよかった。結局、陽が当たり始めたのは、7時頃だった。

この7時という時刻は大事な時刻だった。マチュピチュの北側に聳えるワイナピチュへの登山道が開く時刻なのだ。そして、1日400人限定。ワイナピチュからは、マチュピチュが一望でき、絶景との評判なのだ。「震えが来る」とコメントすると人も。これは行かないわけにはいかない。

リャマと、盛り上がってた割には、リャマと遊んだりしてゆっくりしていたため、登山道の入り口に着いたのは、7時45分頃だった。既にずらっと人が並んでいた。列の最後尾について待っていると、係りの人が数を数えながら近づいてきた。「はいっ、ここまで!」(スペイン語だったけど、多分こんな意味)とばっさり、僕らの前で切られてしまった。一瞬頭が真っ白に。「えっ?ここまで来て登れないの?」と…。どうやら、時間を決めて人数制限をしていたようだ。「君達は10時ね」と言われ、1番の整理券を手にした。はっきり言ってホッとした。

往復2時間で登れると言う事なので、帰りの電車3時には余裕で間に合う。気を取り直して、時間までまた、マチュピチュ巡りをした。何度巡っても飽きない。ツアー客が到着するのが10時頃なので、とても空いている。空いている時間に見学できて、かえってラッキーだったような気もする。

さて、9時チョイ過ぎに登山道入り口へ戻った。今度は、列になっておらず、沢山の人が思い思いの場所に腰を下ろして自分の時間を過ごしていた。整理券1番。どんな段取りかわからないが、まだ10時まで時間があったので、空いている場所に腰を下ろして時が来るのを待った。

時折周囲の人の動きに注意を払いながら、時を過ごす。と、にわかに人々が動き出した。入り口に向かって集まりだした。「何?何?俺1番!」と思いつつ、スペイン語が話せないので、ただ何も言わず人の流れに身を任せ、入り口付近の人だかりへもぐりこんだ。

何が起こっているかまったく分からないまま、入り口の前まで来た。すると、TORITORIの顔の2倍(!?)はありそうな大きな顔のペルー人(?)が係りの人と大声でもめあっていた。彼は、ばらばらの番号の整理券を3枚持って怒鳴っていた。スペイン語なので何で怒っているのかさっぱりわからない。周囲の状況からも何を揉めているのか見当もつかない。口論の隙をみて、整理券を渡すチャンスを見逃さなかった。さっと渡し、無事登山道へ。時間は9時46分だった。入り口では、名前と入山時刻を書く規則になっている。結局、整理券はどんな段取りだったのかもわからずじまい。223番目の入山だった。入山制限の400人までは余裕だった。

ワイナピチュからいよいよ、震えが来るワイナピチュへ。最初の30分ぐらいはまぁ、普通の登山道だが、その後がすごかった。まさに震えが来る。急な斜面に、ステップの狭い階段。手を着かずには登れない。軍手は必須だ。すれ違いの(多分)アメリカ人が「グローブ。あら、いいアイデアね。ほら、(私の手)まっくろ」と言っていた。また、TORITORIはリュックを背負っていたが、リュックの荷物も可能な限り少ないほうがいい。普段と身体の重心の位置がずれ、急な崖っぷちを登れない。変に腰が引けてしまう。Sakikoは、「思ったよりもへっちゃらだった」と言うが、TORITORIはまさに震えていた。(高所恐怖症ではないはずです)

ワイナピチュからそんな急斜面の頂上にも、石段や神殿がこしらえてある。これまた、すれ違いざまに誰かが言っていたが、「インカの人は何でこんなところにこんなもん作ったんだ?」と。確かに。本当にすごい。

頂上は、マチュピチュよりも200mぐらい高い。マチュピチュだけでなく、周囲の山々も含め絶景だ。神々の存在を信じたくなる場所だ。

マチュピチュで持っててよかったもの


  • 粉末ポカリスエット:現地のミネラルウォータに溶かして持参。
  • ウィンドブレーカー
  • 軍手
  • 帽子
  • 可能な限りの身軽さ

そして、持ってなくて困ったもの…、リップクリーム。
TORITORI

p.s. 英語ではマチュチュみたいに発音していたが、現地の人の発音は日本語のそれに近い。英語のほうの発音が変なんじゃない?

|

« 天空の都市マチュピチュ | トップページ | バイリンガル・ガイド »

コメント

TORITORIさんの記事を読んでいると、自分もその場にいるような気がしてきます。TVで見たことのある風景が浮かんできてワクワクしました。
それにしても・・・その整理券何だったのでしょうね~?
旅行行く時は粉末のポカリスエットが役に立ちますよね~。
私も必ず持って行きます。。

投稿: カッキー | 2007/08/11 07:22

ホント、ポカリ美味しかったです。整理券持ってないと入れないのは確かでしょうが…番号はあまり関係なかったんですかね。でも、ちゃんと番号順に配ってましたが…。

投稿: TORITORI | 2007/08/11 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/16046229

この記事へのトラックバック一覧です: 震えが来るワイナピチュ:

« 天空の都市マチュピチュ | トップページ | バイリンガル・ガイド »