« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

雪道運転初心者

Yaris_in_snowある朝起きたら大雪。除雪の間に合わない駐車場。埋もれた車。そしてインフルエンザの私(予防接種受けたのに)。そんな中、どうしても一人で車を運転しないといけない事態に。

まず、どこが窓かわからないほどに積もった車上の雪を落とす。また、3日間ほとんど食べていない身体の力をふりしぼって地面の雪を脇にどけ、車の出る道を作る。しかしタイヤは空回りして動かない。何度も雪かき(というか力が無くて微妙によけただけ)をして、ロー発進で、もう諦めようかと思った矢先にやっと駐車場から出ることができた。そして、ガラスに凍り付いている氷を砕く。これがしぶといけれど、どうにかしないと前が見えない。ここでも体力消耗。そして走れる状態になった時には1時間経っていた。

そこからの運転も怖かった。いつもとブレーキの効きが違う。雪が積もっているところでは空回りする(たぶん四駆なら大丈夫なんだろうけど)。窓を開けようとしたら凍りついていて開かない。ラジオでは「今日は事故が多すぎて列挙できません」なんて言うし。なんとか無事帰ってこられたけれど、寿命が縮まりました。Sakiko


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトクリスマスの後には…

Mn_648今年のクリスマス・イブ、日本からミネソタへ飛行機に乗った。機長が「クリスマスですから、途中でサンタクロースとすれ違うかもしれません。」なんてアナウンス。北極から出発したサンタクロースが東から西へ順に地球を回っていくとすると、日本をイブの夕方に出てアメリカへ向かう航路とは、確かに途中ですれ違うかも…なんて、まじめに考えてしまった。

そして、ミネソタでは、3年ぶりにホワイトクリスマスらしい。確かに、過去2回のクリスマスは、それほど雪は無かったように記憶している。雪降る夜はまさにサイレント・ナイト。ところが、そんなロマンチックな気分の後には、過酷な現実が待っていた…。

それは、駐車場の雪かき。うちのアパートでは、基本的に業者や市がやってくれるのだが、それを待っていては出かけられない。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失ってわかる健康のありがたみ

Banzai風邪ひきました。今週半ば頃からひどく喉が痛みだし、「テストが終わるまでもってくれ~」という願いもむなしく、高熱(39度)が出て倒れました。テスト最後の方は意識が朦朧と、、、

言うまでもない寒さと乾燥に加え、珍しく人混みの中に出かけたこと、声をはりあげて歌ったこと、忙しく無理しがちだったことなど、枚挙に遑が無いほど理由は思いつきますが、一番の理由は、油断していたからでしょうか。何となく、自分の健康を過信していた気がします。

テストが終わったらあれをやろう、これもやろう、と考えていたのに、実際は何も出来ずただぐったりとベッドに横になるだけ。楽しみにしていたオーケストラも諦めざるをえませんでした。やはり、健康第一ですね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆クリスマスソング★

Raindeerクリスマス、もうすぐですね♪私はクリスチャンではないけれど、クリスマスの雰囲気は好き。ラジオで一日中流れているクリスマスソングを飽きずに聴いたりして。日本で流れる曲と選曲が違うのも面白いです(ワム!は共通だけど、、、山下達郎は聴かずに済む)。先週末は日本語補習校と教会とで演奏する機会があり、そこでも一足早いクリスマス気分を味わってきました。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

返品天国

Lucyアメリカでは、気軽に返品できます。私は面倒くさがりなので、不良品だったりサイズが合わなかったりしてどうしようもない時にのみ返していますが、皆「色がイヤだ」とか「気が変わった」とか適当に言って返しているようです。洋服を数回着てから返すのはあり?て思いますけど。シーズン中着て、シーズンが終わったら返す人もいるみたいだし。

クリスマスの次の日は返品する客でお店は大賑わい。ギフトに返品伝票をつけて贈るのが普通ですし。気に入らなかったら返品すればいいって、合理的なんでしょうけど、なんかしっくりきません。日本人だから?Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邯鄲の歩

Machupichu30過ぎても勉強する環境にいるので、記憶力の衰えを嫌でも実感します。もちろん年齢と共に伸びる能力(バランス感覚など)もあり、歳をとったら能力が劣るわけではありません。が、やはり試験前の追い込みに関して言うと、若い頃に軍配があがる気がします。昔はどうしてあんなに円周率が覚えられたのか自分でも不思議です(しかも昔覚えたことは忘れない)。

言語もそうなのかもしれません。若い頃に留学すると、吸収するスピードが速く忘れるスピードが遅いので両方を吸収できる可能性が高いけれど、歳をとると吸収するスピードは遅く忘れるスピードが速くなるので、「英語は身につかないし日本語は忘れる」という状態に陥りがちです。それを避けるために、日々の意識と努力が必要なのだと自省をこめて感じています。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブゼロ

Mn_009この温度計、左は摂氏、右が華氏。昨日今日と、"subzero"(サブゼロ)のミネソタ。辞書を引くと「氷点下」なんて訳が出ているが、それは摂氏での話。アメリカでは華氏を使っているので、もっと寒いのだ。華氏0度は摂氏マイナス16度くらいだ。

こんな混乱もあって、サブゼロの意味をよくわかっていなかった。さらに追い討ちをかけるように、カタカナの「サブ」には、「副」とか「補助」的な意味合いが(少なくともTORITORIには)強くて、副ゼロ?補助ゼロ?とまったく意味不明だった。"sub"には「アンダー(下側)」の意味があることを理解し、やっと納得、単に「零度より下側」の意味だった。だから、摂氏を使っている世界に限っては、「氷点下」の訳も正しいようだ。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの泡

Lutsen_beer日本の居酒屋でこんなビールが出されたら、文句を言うかもしれない。こっちでジョッキに注いでもらうと、泡なしのビールがなみなみと注がれて出てくる。単に上手じゃないのかなと思っていたら大間違いであったようだ。

先日、ひょんなことから、ビールの話になったとき、米国人とブラジル人から「泡は嫌い」「中身が減ってもったいない。たくさん飲みたいでしょ!」と。確か、英国でも、泡なしで出されたと記憶している。流暢な英語での応酬に、説得できるだけの表現力を持たないTORITORIは、たじたじである。彼らにとっては、泡は余計なものでしかないようだ。

TORITORIは、適当な量の泡はビールを美味しくすると信じている。もちろん多すぎる泡はいらないが、まったくないのもまずそうだ。他の国の状況も調べたくなった。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コアリセット

Foam_roller昨年腰痛と共に年が明けてから、再発する腰痛に苦しむ日々。知人から薦められたストレッチポール(バランスポール)を買いたいとずっと思っていました。ポールの上にごろんと寝ると身体の歪みがとれるというやつです。アメリカの店頭では見たことが無く、日本から輸入しようかとさえ考えていたところ、foam rollerという名前でオンライン購入できることを発見し、日本で買う半額ほどの値段で手に入れました。購入してから半年ほど経ちますが、その間腰痛に悩まされていません!他にも毎日の運動や頻繁なストレッチなど心がけていることがあるので、一概にこれだけのおかげとは言えませんが、なかなかすごいです。Sakiko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »