« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

アメリカ人は悪筆か

Domeアメリカ人の手書きは(ごく一部の例外を除き)非常に読みづらいです。借りたノートや先生からのコメントが判読不能なのもしばしば。でもある日気付きました。アメリカ人の友達はさらっと読めるのです!

それで思い出したのが、外国人に日本語を教えた時のこと。教えるひらがなの一画一画、微妙に角度が違うだけでその文字が読めなくなってしまいます。もちろん丁寧に書いているつもりだったのでショックでした。その人は日本語を本で勉強してきたので、活字と違う手書きの日本語を見るのは初めてだったからのようです。

結局、手書きの文字にどれだけ触れてきたかの差なのでしょう。考えてみれば、英語を勉強するうえで、活字以外の英語を目にする機会はほとんど無かった気がします。Sakiko

| | コメント (4) | トラックバック (0)

通勤と英語

Mn_669TORITORIの職場が変わった。家から5マイル(8km)程の距離になった。車で10分強。通勤がとっても楽になった。ガソリンの消費量も減り、とても助かる。また、渋滞とは無縁な道で通えるため、ストレスもない。

都心の満員電車での通勤と比べたら夢のようである。そんな通勤の10分間は、英語の勉強のために費やしている。ごくごく簡単な英語のCDをかけ、シャドーイングである。

車の中では、電車と違い、他人を気にすることなく大きな声でやれるのがいい。なぜ、ごくごく簡単なCDなのか?理由は1つ、安全のため。ボーっと聞いていても、意味がわかってしまうぐらい簡単なものにしている。そうでない英語のシャドーイングをしたら、運転どころではなくなってしまうのだ。英語を聞いているときって、とても神経を集中しているんだと改めて実感する。こうやって、いつの日か、ラジオのニュースが運転しながらでも、スーッと頭に入ってくるようになれば、と思う今日この頃である。

※真似をされて事故にあわれたとしても、当ブログでは責任を負いかねます。真似をされる場合は、自己の責任において行ってください。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカ生活>日本のテレビが見たい!

Pink今更ですが、紅白歌合戦を見ました!テレビジャパンを視聴している方から有り難くお借りしたビデオです。海外に住むと日本の曲を聴く機会が減るので、こういう時に曲を覚えないと!

テレビジャパンは在米日本人向けの日本語チャンネルで、永住の日本人には人気。うちはそれには加入していませんが、ケーブルTVの基本プランでMHzを見ることが出来ます。MHzはいろいろな国の番組を時間ごとに流すチャンネルで、日本の番組としてはフジサンケイのモーニングEYEとNHKニュースが放映されています。フジサンケイの番組は素人っぽい作りですが、日本とアメリカのニュースや旬の話題をまとめてくれるので、これはこれで重宝しています。日本語なのですっと頭に入りますしね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メッシュ

Mn_547メッシュ入りの靴。その効果が際立って感じられるときを2つみつけた。

1つは、比較的気温が低いときにメッシュの靴で自転車に乗ると、足元が時々ひんやりする。夏場にはその効果を疑いたくもなるが、自転車のスピードでうまく風が当たると、実感できる。

もう一つは、ミネソタの極寒で。数少ない靴を履きまわしているので、冬でもメッシュの靴になることがある。摂氏マイナス20度にもなると、外に出た瞬間、足に冷気が流れ込んできて、ひんやりとし、三歩も歩けば、寒くてしょうがなくなる。だから、急いで車や建物の中に入る。

普段、自分がその効果を感じなくても、メッシュはちゃんと役目を果たしているのだろうけれど、ここ数日のミネソタの寒さでは、いやでも感じずに入られない。

TORITORI

写真は、本文とは関係ありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

体内温度計

Apartment_in_winter寒さの厳しいミネソタ。しばらく住むうちに、気温が何となく体でわかるようになってきたので、独断と偏見で必要な装いをまとめてみました(温度は全て摂氏)。

レベル1)10度以上:コート。この程度では、冬とは呼べない。
レベル2)0度~10度:レベル1+マフラー+手袋(+ババシャツ)。東京の冬と同レベル。
レベル3)-10度~0度:レベル2+帽子+保温インナー上下(+腹巻)。帽子は必須。
レベル4)-20度~-10度:レベル3+貼るカイロ。マフラーは顔を隠して使う。目出し帽も便利。風に冷たさより痛さを感じる。
レベル5)-30度~-20度:スキーウェアまたはレベル4+厚手の手袋。帽子も厚手のものを。外に長くいると身の危険を感じる。
レベル6)-30度以下:特別のサーマルウェアが必要(ミネソタでは未体験)。

今年は今のところ暖かいのですが、これから寒くなるそうで。今週末はレベル5です。。。Sakiko

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仕事と仕事の間にあるもの…

Mn_660最近学んで、なるほどなぁと思った表現から…。

Between jobs. これは、「失業中」となるそうだ。なるほど、前の職と次の新しい職の間にいる、つまり、失業中…と。新しい職が見つかっているいないには関係がないようだ。もし、新しい仕事が見つからなければ、論理的には"between jobs"にはならないのだが…。と言うわけで、とても前向きな表現のように感じた。いずれにしても、パズルみたい。

それから、もう一つ、

I wear many hats.

「たくさんの帽子をかぶってます」???…これは、「いろんな役をこなしてます。」となるようだ。たとえば、「ちいさな会社なので、なんでも自分でやらなければならない」ようなことを表現するときに使えるみたい。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ski in Afton Alps

Trailmap暖かい日を狙って、日帰りスキーに行きました。今回行ったのはセントポールから30分強で行けるアフトン(Afton)です。前回行ったルツン(Lutsen)よりも規模が小さく、正直大したことはないだろうと思っていましたが、意外にちゃんとしたスキー場でした。1つ1つのコースは長くはないのですが、だからといって滑り甲斐が無いということはなく(中級コースと間違えて上級コースを滑ってしまったりしたからかも)、コース数もまずまず。この近さでこれなら満足です。
Sakiko (trailmap was taken from Afton Alps website)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

融雪

Mn_650マンホールの上に設置された巨大な黄色い機械に、ブルドーザーが寄せ集めた雪をドドーッと流し込んでいる。その巨大な機械に流し込まれた雪は熱で融かされ、そのままマンホールへと、これまたドドーッと流される。

昨年末、数年ぶりの大雪で、除雪された雪の置き場に困っていたショッピングセンターの駐車場で見た光景。なかなかの迫力でした。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Minneapolis Institute of Arts

Miaミネアポリス美術館は、巨大な総合美術館。しかも無料。無料でこんなに見せていいのか、と思うほどです(大英博物館と比べちゃいけません)。そんなに大きいのに、例えばミラノに行けば「最後の晩餐」が見られる、というような、観光客を引き寄せるだけの目玉は無い気が。。。でもすごく面白くて、数日は楽しめます。先日はその特別展示で日本人(柴田是真)の展示をやっていて、結構評判良かったですよ。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初日の出

Mn_665氷点下17度、昨年末に積もった雪のせいもあり、とても静かな元旦の朝。すっきりと晴れ渡った空、東側が次第に明るくなる。

日の出は8時頃、きばって早起きしなくても初日の出を拝めるのがありがたい。新年へのカウントダウンぐらいでしか盛り上がらない米国。日本では、初日の出が何時ごろになるか?や天候はどうか?などTVのニュースで話題になるが、ここではそんな話も無く、普段どおりの天気予報。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »