« 温度グラフの復活 | トップページ | シャワーを浴びる »

パン屋さん一周年

Breadmaker_anniversaryパン焼き機を手に入れてから一年。たまに面倒だと思うことはあっても、今のところ市販のパンを買わずに済んでいます。

でも、寒くなってから、今までと同じレシピで作っても失敗する(膨らまない)ことが多くなりました。何でだろう?といろいろ試してみて何となくわかったのが、水分の量。冬場は室内がひどく乾燥するからか、水分を多めにしないといけないようです。小麦粉もぱさぱさになってしまうんでしょうかね。Sakiko

|

« 温度グラフの復活 | トップページ | シャワーを浴びる »

コメント

いつも楽しく拝見しています!
私もパンがうまく焼けなくて、イヤになっていました。
そうだったのかぁ、乾燥で水分が足りなかったのですね。。。寒いから発酵時間を長くしたりしてみるけれど、いまいちでした。

ところで、ブレッドメーカーはアメリカのものを使っていらっしゃいますか?そしてそれで、最初から最後まで焼いていますか?それとも、1次発酵までであとは、オーブンで焼いていらっしゃいますか?

投稿: kumiko | 2008/03/27 13:31

kumikoさん、コメントありがとうございます!

私の使っているのは、アメリカのブレッドメーカーで、30ドルくらいのものです。いつもは食パンコースかフランスパンコースで最後まで焼いています。気がむいたときには生地だけ作って成形してピザやジャムパンなどを作ることもあります。

失敗するとがっかりですよね。。。塩の量とかイーストの量とかでも変わるみたいなので一概には言えませんが、私の場合、途中で様子を見て、水分が足りなそうなときには足してみるとうまくいくことが多いです。

投稿: Sakiko | 2008/03/27 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/40633900

この記事へのトラックバック一覧です: パン屋さん一周年:

« 温度グラフの復活 | トップページ | シャワーを浴びる »