« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

Woodbury Days

Mn_1128昨年に続き、今年もWoodbury Days Bike Rideに参加してきた。今年は、朝から文句なしの快晴。朝の気温は16・7度程度と少し肌寒い。山も谷も海もなく、代わり映えのしないミネソタの道にしては、飽きさせないコース設定になっているので、楽しみにしていた。

8月は少しがんばってトレーニングした事、そして、7月からほぼ毎日自転車通勤をしたことなどから、体力的な不安はなかったが、なんだか、去年よりも疲れたような気がする。昨晩の久しぶりの残業が響いたか?
今年は無闇にスピードを出さず、ペダルの回転数を一定に保つように走ってみた。GPSで録った記録を分析したところ、最終的な平均時速は昨年よりも速くなっていた。疲れたのはそのせいでもあるかもしれない…。

去年のブログの記事を見ると、ターキーブレストまたは、ローストビーフのサンドイッチが休憩所で振舞われたとあったが、今年はピーナツバターサンドだけだった。これには、ちょっとがっかり…。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かくれ天賦の才

With_gopherオリンピックを見ていると、いろんな競技があることに気づきます。その上、オリンピック種目になっていないスポーツもたくさんありますよね(選ばれる基準がよくわかりませんが)。なんか、見たこともやったこともないスポーツって、やってたらもしかしたら才能あったかも?とか思っちゃいません?ま、ほぼ100%無いでしょうけど。たとえ才能が無かったとしてもすごく楽しいかもしれないし。

思い返せば、学校の体育の授業って、なんであんなにバレーとバスケばかりやらされたんだろう?球技は苦手でちっとも楽しくなかった。マラソンは速かったけど嫌いだったし。ダンスなんて本当は面白いのに、つまらない創作ダンスばかり。教育現場では、お金がかからなくて先生が教えやすいものに偏ってしまうのでしょうか。もっと身体を動かす楽しさや自分の興味を発見できる授業だったら良かったのに。少しずついろんな種目にトライしてみたかったな。そしたら今頃は、、、 Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランタン フェスティバル

Mn_1065セントポールが長崎市と姉妹都市である関係から、毎年、セントポールのコモパーク(Como Park)で、Japanese Lantern Lighting Festivalが開かれている。今日がその日。日本のお盆祭りにあわせているらしい。

とはいえ、日本の武道のパフォーマンス、舞踊、歌、太鼓など盛り沢山。Sakikoの所属するMu-Minもステージがあるということで、何人かの方々も見に来て下さった。これには、感謝、感謝。

昨年と違い、天候にも恵まれ、お盆祭りにふさわしい暑い夏の一日だった。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Team USA

South_dakotaオリンピック、盛り上がってます!でも、海外にいるとテレビで日本選手の活躍を見られる機会が減ってしまうのが悲しい (ノ_・。) (ま、その分ネットで補えば良し)。競泳や体操など、アメリカも日本も活躍している種目は普通に見ることができるので、日本選手を見つけては応援しています。もちろんアメリカよりの放送ではありますが―連呼される「team USA」。

アメリカで放送される日本のニュースでは「著作権の都合により放映できません」のテロップが出て、動画を見せてくれません(静止画と音声のみ)。詳しくは知りませんが、国境を越えて放送する権利が無いってことですかね。世界中皆が自由に見られると良いのに、、、ビジネスはそんなに甘くないって?

あと、日本ではあまり見たことの無い種目(シンクロダイビングや水球など)が見られるので、こんなスポーツもあったのかと逆に面白かったりもします。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミシシッピ、カヤックで川下り

Mn_1054流域面積が米国全土の40%にも達する大河ミシシッピ川でカヤックをやってきた。といっても、そのうちのほんの15kmほど

ミネソタでは、源流に近いところなので、川幅はそれほど広くはないが、大平原のため高低差がなく、悠々と流れている。立秋を過ぎたとは言え、強い日差し。お世辞にも清流とは呼べない川ではあるが、非日常を楽しむには十分であった。

Mn_1043ツインシティーの郊外、クーンラピッドのダム(というか、堰という感じだったけれど…)の下から出発した。ハイウェイの橋の下をくぐり、しばらくすると、車の騒音も聞こえなくなった。水面を滑るカヤック、自分のパドリングの音だけが時々響く。時の流れが、川の流れに溶け込んで消えていってしまったよう。時折、手を休め、川の流れに船をゆだねると、ゆっくりとゆっくりと左右の景色が、静かに静かに流れていくのがわかる。まさに解放された気分…。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行ガイドブック日米比較

Travel_guidebook旅行で一番楽しいのはプランニング。いつどこへ行くか、から始まって、ルート・宿・交通手段・食事など無数にある選択肢の中から自分に一番合いそうなものを選んでいく。バックパッカーは卒業したとは言え、いかに安くあげるかを考えるのは得意であり、また趣味のようなものである。

インターネットで情報収集や予約など全てできるけど、まとまった情報を提供してくれるガイドブックにも(図書館で借りて)必ず目を通す。このガイドブック、アメリカで手に入るものと日本のものとで趣が違う。日本のガイドブックはカラー写真や詳細な地図が多く、紙質も良い。それに日本人が行きたがる場所を上手に押さえてある。一方、アメリカのは文字ばかりで「めくる楽しみ」が少ないが、情報は豊富で正確なことが多い。文章は非常に主観的で、行く価値は無いなどと平気で書いてあるので、全てを無難な文章でまとめてある日本のものよりも取捨選択には役に立つかもしれない。ちなみに写真は左がアメリカ、右が日本のガイドブック。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金利の逆転!?

Mn_1004「のんのんライフ」と言うサブタイトルからして、あえて避けてきた話題だけれど、あまり堅くならないような内容が見つかったので、1つ。それは、ずばり、サブプライム問題。
近所の銀行で、固定金利で開設する新規顧客用の口座の金利が一番高くなってしまっているのだ。それは、口座開設の条件が軽い分、金利が最も低く設定されていたものなのに。それが現在、その銀行で最も高金利を謳っているプレミアムな口座の金利よりも遥かに高くなっている。
「プレミアムは条件が厳しいくせに、金利が低いの?何がメリットなの?」と聞くと「それは、そのぉー、まぁ、たまたまでしてぇ~」と、説明してくれた。サブプライム問題のせいで金利が下がり、このような逆転現象が起こったようだ。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Land of 10000 lakes

Kayakミネソタの人は皆、ヨット、ボート、カヌー等何かしら湖に浮かぶものを持っている、と聞いた。皆というのは大げさだと思うけど、湖はそこらじゅうにある(10,000の湖がある州だとうたっている)し、マリンスポーツ用品が意外と安く手に入ることもあり、湖で遊ぶのはごく普通のことらしい。ちなみに海は無い。Sakiko (この写真のカヤックはもちろんレンタル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »