« デナリ国立公園(アラスカ・キャンプ4日目) | トップページ | チェナ温泉 … アラスカ・キャンプ5日目(2) »

デナリからフェアバンクスへ … アラスカ・キャンプ5日目(1)

Ak_597デナリでの最終日、午前中にテントを撤収し、向かったのは犬ぞりセンター。犬ぞりは、デナリでの最初に設置されたアトラクションらしい。国立公園になるずっとずっと前の話だ。しかし、それは、いまだ重要な交通手段でもあるらしい。冬季の公園内パトロールに使われるとか。無料のデモンストレーションを見ることが出来る。ビジターセンターから専用のバスで向かう。犬ぞり用の犬たちとも自由にふれあえるので、犬好きにはたまらないかも…。

Ak_615バスの運転手が、「帰りは時間があるのなら、トレイルを歩いてビジターセンターに戻ってもいい。4kmほどのトレイルがある」と説明をした。急ぐ旅ではない。Sakikoと二人、トレイルを散歩するのも悪くない。デモが終わるのが11時ごろだったので、ちょうどお昼頃に戻れる計算で、そこにはMorino Grill(えっ?日本語?)というカフェもあるのでちょうどいい。

Ak_617トレイルは、紅葉も見ごろで、歩いていてとても気持ちがいい。ジョギングをする人とも何度かすれ違った。ここでであった野生動物はリス。ミネソタにもリスは普通にいるので珍しくもなんともないが、やはり、とても愛くるしい。思わず餌などを与えもっと近くで見たり触ってみたくなったりするが、それはご法度。ぐっとこらえる。Morino Grillに到着後、トナカイのシチューを注文。それとSakikoが作ったサンドウィッチで昼食に。ここで、Prince William Sound Glacier Cruiseに一緒に参加していた日本人と再会。ちなみに、日本人との遭遇率は、ミネソタにいるときよりも遥かに高い。

Ak_896さて、これよりデナリ国立公園を後にして、フェアバングス(Fairbanks)を経由して、チェナ温泉(Chena Hot Springs)へ。ミネソタには、温泉がない。ちょっぴり温泉が恋しいSakikoとTORITORI、とても楽しみにしていた場所でもある。とその前に、公園入り口側にある郵便局に寄り、両親に絵葉書を出した。

Alaska_041フェアバングスでは、食料の補給。Fred MeyerというOne Stop Shoppingをスローガンに掲げるお店でお買い物。家具から、食料品、スポーツ用品、何から何まで揃うのでなかなか便利だ。ミネソタにも欲しいくらい。ここで、アラスカサーモン、アラスカビール、コンロ用の燃料を購入。また、ガソリンスタンドもあり、他の店よりも20セントほど安い。地元の車もひっきりなしに入ってくるほどの繁盛ぶりだった。

アラスカのガソリン代はミネソタのよりも60セントほど高かった。石油を産出しており、アラスカ縦断パイプラインで南の不凍港まで輸送していると言う。そのパイプラインの維持のため、ゴールドラッシュの時以上に人々がアラスカにやってきたという。それでもガソリンは高いらしい。

(つづく)

  • Fred Mayer ... University Ave と Airport Way の交差点付近


TORITORI

|

« デナリ国立公園(アラスカ・キャンプ4日目) | トップページ | チェナ温泉 … アラスカ・キャンプ5日目(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/42403109

この記事へのトラックバック一覧です: デナリからフェアバンクスへ … アラスカ・キャンプ5日目(1):

« デナリ国立公園(アラスカ・キャンプ4日目) | トップページ | チェナ温泉 … アラスカ・キャンプ5日目(2) »