« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

為替相場と秋の空

Autumn_sky円高ですね~。私がアメリカに来てからでは一番の円高水準です。日本に住んでいた頃はそれほど気に留めなかった為替相場ですが、今は気になります。今すぐどうこう、というわけではなくとも、日本円は減る一方、増えるのはドルのみで、ドルが貯まりつつあるところで円高なので何だかなぁという感じです。給料の通貨建と住む国の通貨が違う人たちにとってはより切実な問題でしょうね。あとは個人的にポンドが150円というほうが気になったりもします。やっとイギリスの物価もまともになってくれるのでしょうか?Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Less is More

Ak_888最近読んだ本で、印象に残った言葉"Less is More"。先日旅行した、アラスカでもこの言葉を目にして、更に印象深いものとなった。写真は、その時デナリ国立公園で見つけたもの。

その本にあったのは、要約すると「デザイナーは、これ以上付け足すものがなくなったときではなく、これ以上省く事が出来なくなったとき、自分の作品を完璧だとみなす。」ということ。これは、写真に関する格言を思い出させる。「写真は足し算ではなく、引き算だ」と。どちらも、"Less is More"と言っている。

さて、コンピューターの世界はどうか?CPUの性能はあがり、ハードディスクやメモリの容量は桁違いに大きくなってきている。その分だけ、使い勝手がよくなり、快適になったか?

ゴテゴテに装飾されたボタン、透けて見えたり、三次元で表示されるユーザーインターフェイス。せっかく増えたメモリは、そういった用途に使われ、常駐するアプリケーションにもメモリを貪りとられる。結局、エンドユーザーが体感するスピードや快適さは、改善されていない。

この記事でも語られているが、ワープロソフトが、ワープロとして機能していなかったりする。ユーザー側の操作が悪いのかもしれないが、直感的に基本的な機能が使えないソフトはいかがなものか…。そのソフトでは、複数人で編集できたり、ブログを書ける必要があるのか?あれば便利かもしれないが、それは当たり前の機能が、当たり前に使えての話である。

ソフトウェアの開発の現場では、「何行のプログラムを書いた。」「何時間かけて開発した。」などで請求額がきまったりすることも少なくない。足し算の世界である。

芸術の世界とごっちゃにしてはいけない部分もあるかもしれないが、コンピューターの世界にも浸透してもらいたい"Less is More"の考え方が…。おっと、ちょっと長く書きすぎたか?TORITORI自身も実践せねば"Less is More"…

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インプットとアウトプット

Hosmer合唱の指導を始めて約1年半。おかげさまで様々なイベントに出させていただいたり(ラジオ出演もしました!)して、なかなか充実しています。

合唱団の一員としての経験は20年以上(数えてちょっとくらくらした(lll゚Д゚))あるものの、指導する立場になると別ですね。今まで何をやっていたかなぁと一生懸命思い出し、指導者のための本を読んだりビデオを見たり、ネットで検索して、練習メニューに何を組み込めば良いのかを考える。。。

感じるのは、引き出しをどれだけ持っているかが大事だということ。アウトプットを出そうとして初めてインプットが足りないことに気づくものです。幸いミネアポリス/セントポールは文化芸術に理解のある街なので、リソースは結構あります。積極的に刺激を受け続けたいと思います。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉も終盤に

Mn_12637月よりほぼ毎回の自転車通勤となった。時間にして片道20分弱と、距離的にも楽なため、続いてる。太腿が引き締まってタフになった分、膝から下が相対的に弱くなったようで、これが目下のちょっとした悩みでもある。自転車だからしょうがないのかな。

街路樹は、それぞれに色づき、通勤途中に、TORITORIの目を楽しませてくれる。暑くもなく、寒くもなくいい陽気である。とは言っても、朝は摂氏5度前後まで冷え込む事もあり、既に厚手の手袋を着用し始めた。場所によっては、すっかり散ってしまった樹木もある。

この冬は、いつまで自転車通勤を続けられるかちょっとチャレンジしてみようと思っている。まずは、摂氏0度くらいまでは、続けてみる予定である。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Officeダウングレード

Hat_parkVistaのPCを買ってすぐ、Office2007を入れた。2003までのヘビーユーザーだったためユーザーインターフェースの違いに戸惑ったが、使いにくいのは最初だけでそのうち慣れるだろうとたかをくくっていた。

しかし、、、数ヶ月たっても一向に慣れない。リボンは直感的にわかる配置ではなく(その辺のセンスを疑うぞMicrosoft)、何をしようにも今までより何倍も効率が下がる。以前のバージョンでも読める形式にして保存すると互換性はあっても再現性はない(見た目が違う)ファイルになったりする。そのうえ、脚注を消しても裏で残っているようで飛び番になったり、印刷したらフォーマットが変わったり、フィールドを更新しても更新されなかったり、オートフィルがうまく動かなかったりと、とにかくバグが多いのだ。

美しくなったかもしれない。多機能になったかもしれない。でも本当に必要なのは、基本的な機能がストレスなくちゃんと動くことでしょ。「そのうち良さがわかるかも」という希望の光もかすんできた。TORITORIのようにさっさとMicrosoft製品から訣別したほうが良いのかもしれない。

散々迷った末、まぁ許容範囲だったOutlookは残して、他はダウングレードすることにした。私も元はシステム開発者であり、この開発者の数年の仕事を無駄骨だと言うのは心が痛むが、仕方がない。とりあえずは、これで問題がないことを祈る。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オートバイの路駐の仕方。

Mn_1060オートバイの路駐の仕方。二輪車は、通りと平行にして停めておくものだと思っていたTORITORI.。ミネソタでは、写真のように、通りに対して垂直に停めるようです。四輪車の車幅からはみ出さなければ、確かにスペースを節約できる停め方かもしれない。写真では、四輪車も停めてあるので比較的違和感はないが、二輪車だけ停めてある場合、かなり無造作な停め方に見えた。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽に泳ぎたい!

Swimming今学期は水泳の授業をとっている。もちろん初心者向け。水に浮くことから始まり、、、クロールに進むかと思いきや、横泳ぎとelementary backstrokeが先だった。2つとも初耳である。どちらも楽な泳ぎ方で、特にelementary backstrokeは楽。背浮きしてイカのように泳ぐやつで、子供には「chicken」「airplane」「soldier」の順で手足を動かすようにと教えるらしい。今まで平泳ぎが一番楽だと思って平泳ぎばかり練習していたけど、非常時にはこっちのほうが役に立ちそう。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

thの発音

Mn_1250舌先を歯に挟んで出すというthの発音。英語の先生などが、その格好をして、「スーッ、スーッ」とか「ズーッ、ズーッ」などとやって、発音の仕方を教えてくれるやつだ。この前、ネイティブが会話しているときに、ちゃんとした先を歯に挟んでいるのを発見して、「おぉぉ、本当にやっている」と感動した。そのおかげで、話の内容は、すっかり聞き逃してしまったが…。

さて、先にも書いたとおり、発音の勉強では、それを強調するあまり、「スーッ、スーッ」とか「ズーッ、ズーッ」などとして、空気が抜ける音として認識してしまっていた。専門家に聞いたところ、それは間違いで、どちらかというと、つまる音のようだ。舌先を挟んで出す音には変わりはないが、「スッ」「ズッ」と止めるらしい。逆に、sの発音の方が、空気の抜けるような、乱暴に言えば口笛のような音になるそうだ。

確かに、"bath"のつもりで空気が抜けるような音で"th"を発音したつもりだったが、"bus"と聞き間違えられた。もちろんこの場合"a"と"u"の発音も違うのだが…。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門外漢デス

Color_and_skyアメリカの金融危機。経済と名の付く勉強をしていると詳しいと思われがちですが、実はよく知りません(^-^; ビジネスを勉強している人や実際にその業種で仕事をしている人なら間違いなく詳しいでしょう。でも、経済学は儲けの学問ではなく幸せの学問(ですよね?)。経済学を学ぶ人で金融市場に詳しい人もたくさんいますが、私の興味は「誰が何を食べるか」。。。いろいろあるんです。個人的には、お金を転がして利益を得るマネーゲームより、地に足のついた仕事のほうに面白みを感じます。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィットネス ディスカウント

Mn_1058フィットネスに月当たり指定回数以上通った場合、健康保険のサービスによって、フィットネスの月会費が割り引かれると、2月の記事に書いた。ようやく、その手続きがうまくいっていることを確認できた。なぜなら、指定回数通うのが想像以上に難しかったから。職場の引越しがあり、フィットネスが通勤経路上でなくなったことが、一番体のいい理由ではある。
いずれにしても、8月に指定回数通う事が出来、9月末にめでたく割り引かれた料金が、自分の銀行口座に振り込まれた。何の事務手続き上のトラブルもなく、すんなり処理が進んだかなり珍しいケースかもしれない。ちょっと嬉しいニュースだった。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »