« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

spring awakening (春の目覚め)

Springawakeningspring awakeningがミネアポリスに来ました。2007年トニー賞を総なめにした、コアなファンの多いミュージカルです。RENT好きな人に人気との評判だったし、CDで聴いた曲もかっこよく、問題作なのは承知の上で非常に楽しみにしていた作品でした。

student rush ticket($20)を買い、初めて観た感想は、、、う~ん。曲は良い!でも、話題性を狙った演出が鼻につくというか、内容に素直に入り込めないのは、つまらない大人になってしまったせいなんでしょう。ただもう一回観たいと思わせる何かはありますね、確かに。Sakiko (画像はHennepin Theatreウェブサイトより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1セントにこめられた怒り

Snoopyチップは、サービスの良し悪しで多少上下しても良いとはいえ、ある程度は必ず支払わなければなりません。ミネソタではレストランで15%程度です。

正直、「それが仕事なんだから、仕事に応じた賃金を雇用者からもらうのが筋」「払わせるなら明記しろ」と思います。チップの習慣が一般的ではない日本のほうが断然サービス良いしね。なんか嫌~な感じがするのは、良心につけこんで催促する行為に下品な感じがするからでしょうか。世界的に見るとチップの習慣の無い国のほうが珍しいですけどね。

ちなみに、本当にサービスがひどい時には1セント硬貨を置くことで怒りを表すことができます。何も置かないのは単にチップを忘れた客としか見てもらえないので。侮辱の意味がこめられるので、余程ひどかった場合以外はやらないほうが良いと思います。(私、過去1度だけやったことがあります。。。)Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう、いいわけはできない

Mn_1275_2今週は、米国大統領の就任式があった。「ようやく、大統領が変わった」と喜ぶ同僚達。一緒になって喜んだら、「君の国に何の関係があるんだ?」といわれてしまった。「大ありだよ。どれだけ影響力を持っているか知らないの?」と言ってあげたいところだが、ふと我に返り、「日本の総理大臣がどれだけ他の国に影響力を持っているか、わかっているようで、わかってないかも」と気づいてしまった。

なにかと、リンカーン大統領と比較されるオバマ新大統領。思えば、初の黒人大統領か、それとも初の女性大統領かで注目され始めた大統領選だった。これに絡んで、興味深い話をアメリカ人女性から聞いた。「参政権でも似たようなことがあったのよ。白人女性が先か、黒人男性が先かでね。」と。

最後に、TVのニュースで見た黒人のおじさんのインタビューが、とても印象深かった。「若いやつらは、これでもういいわけはできないよ。」と。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体育の授業の効果

Stillwater以前書いたとおり、先学期は水泳の授業に参加しました。成績とは関係なく、体力維持&泳げるようになることが目的です。結果は、、、まぁ以前よりは泳げるようになりました。泳ぎのバリエーションも増えたし。まだまだクロールの息継ぎは苦手ですが。

一番の成果は、プールに定期的に通う習慣がついたこと。週2回ほど通うのがちょうど良い感じです。でもここ数週間の冷え込みで、足が遠のきつつあります。。。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デフロスト

Mn_1349猛烈な寒波も去り、-10度程度ではとても暖かく感じたミネソタ。-30度の翌日の朝は、-5度でも空気がとても緩んで感じます。

さて、我が家は車を外においています。朝、車を使うときは、デフロスト(霜取り)から始まります。今のところ一番有効なのは、プラスチックカード(クレジットカードのようなもの)で削るのが一番です。友人から薦められた方法です。ただ、非常な低温下で行いますので、クレジットカードなど貴重なカードの利用は避けています。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの急速冷凍庫

Snow_and_gate今年は特に寒い日が多いです。最高気温でもー20℃っていったい。体感温度-43℃っていったい。ミネソタはアメリカの冷蔵庫と呼ばれていますが、こんなに寒けりゃ急速冷凍できちゃいますって。

ちなみに、どんなに寒くても外に出さえしなければ暖かく過ごせます。でもそういう時に限って外出しないといけない用事(しかも歩き)があったりするものです。車なら寒さは楽でも、道路凍結によるスリップ事故が多発するので怖いです。いずれにせよ命がけの外出になること必至。

明日は更に寒くなるみたい。。。もういいって。。。Sakiko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

森バンド!?

Mn_770仕事で、英語のドキュメント書いているときに、言葉がわからず、オンライン辞書で検索して見つけた単語を使ったら、ネイティブの人でも知らない人がほとんどの単語を使ってしまった。「なんだ、この単語は?英語か?」とか「君は単語の宝庫だね!」なんていわれてしまった。その単語が、"moribund"。「この単語を使うべきじゃなかったかなぁ。どういう単語を使うべきだったかなぁ?」とネイティブの人に聞いてみたら、「いいと思うよ。僕もこの単語知らなかったけど、音がその雰囲気を醸し出しているよ。」と。僕にはまったくその雰囲気が伝わらないが、「なるほど、母国語とはそういうものなのかなぁ」とも思ったエピソードだった。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末は博士か○○か

Gal_swan先日目に留まった論文によると、アメリカの経済学部博士課程は平均5.5年以上かかるようです。入学してから5年後に追跡調査したところ、取得済は27%(4年で取得した1%を含む)、34%はドロップアウト、残りの39%は5年以上かかっているとのこと。

その中にいる身としては頷ける結果ではありますが、そんなに長くかかることが周りの人に理解してもらえず、まだか、なぜ終わらないのかと配偶者その他につつかれる学生は結構多くいます(うちの話ではありません)。普通に考えるとやっぱり長すぎますよね?20代30代の大事なときに。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラットフォーマー

Mn_1334「Platformer(プラットフォーマー)? トランスフォーマーの親戚かなんか?」と思ったら、ゲームのジャンルの事のようです。スーパーマリオのようなゲームの事のようです。様々な辞書を調べましたが、なかなか載っていませんでした。英語版のWikipediaには、その説明がありましたが…。いずれにしても、初めて知りました。辞書に出ていない単語に出会って、「おぉぉ、英語が上達したのかな?」と言う気分です。気分だけですが…。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡る30代は厄ばかり

Sunrise明けましておめでとうございます。

私にとって2008年は良い年ではなかった気がしますが、平穏無事に生きてこられたことだけでも有り難く思うことにします。やっと厄年も終わってくれたので、2009年こそは良い年になるでしょう。

え、次の厄年、もうすぐそこなんですか。。。( ゚д゚) Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »