« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

ママチャリ万歳

Bike引越しでブログの更新が滞っています。引越しについては改めて書くとして、最近自転車を手に入れました。craigslistで見つけた安い中古MTB(カゴとジェル付き)で、まぁ快適です。

それに先立ち、近くのErik'sという自転車屋さんで自転車通勤を始める人のためのワークショップに参加してみました。自転車の選び方、揃えるべきアクセサリー、交通ルール、ルート選び、パンク修理、メンテナンス、疲れない乗り方など盛りだくさん。サイクリストTORITORIがそばにいるのに自転車に全く興味が無かった私。初めて知る内容ばかりで勉強になりました。

そこで気づいたのが、今まではそういう知識を知らなくても良かったんだなということ。日本のママチャリは至れり尽くせりで、泥除けやチェーンカバーはついてるし、スカートでも楽に乗れるし、カゴやリフレクターやライトや鍵やスタンドやベルまでついて1万円くらいでしょ?アメリカではママチャリに近いものも無くはないのですが、300ドル以上するものかビンテージのいかにも昔風ってものかのどちらかで、かなりマイナー。それに、日本で街乗りするだけなら至る所に自転車屋があるからメンテの知識も必要ないし。自転車って結構面倒なのね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペラ座の怪人

Spring_summerTORITORIも書いた通り、オペラ座の怪人ミネアポリス公演を観た。ミネソタは非常にミュージカルが盛んで次々とツアーが来る。しかも学生だと20ドル程度で観られるのが嬉しい。

オペラ座の怪人は、舞台装置や衣装が豪華で、演出も派手で、歌が上手で、曲も有名で、バレエもあり、ストーリーも割と単純。初心者にオススメの王道ミュージカル。

ただ、私にとっては、昔東京で観たが好きになれなかった作品。なにも劇団四季のせいではなく、暗く怖く救われないストーリーが嫌で。今回も面白いとは思ったけどお気に入りとは言えない。私はオペラもバレエも好きではないし、明るいストーリーのほうが良いから。。。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肥満と所得の相関

Mn_1483ミネアポリスに「オペラ座の怪人」がやってきたので、観に行ってきた。ミュージカル自体の話は、SAKIKOに譲るとして、これに関連したネタを。

ミネアポリスダウンタウンにあるOrpheumシアターにミュージカルを観に来ると、ビラが配られる。キャストや曲目など、上演中のミュージカルの説明が載っている。その中で、ある広告(?)がいつも目に付く、「このビラを読んでいるのはどんな人?」というページ。

平均年齢:45.9歳、車保有率:74%が2台以上保有、役職:管理職、などなど。そして、平均年収は…132,240ドルだそうです。「へぇ、ミュージカルを見に来ている人は、皆お金もちなんだなぁ…」と、まじまじと劇場内を見回してしまう。確かに、チケット高いもんなぁ。(ちなみに、我が家は、いわゆる学割で観に来ている。)

ところで、アメリカでは肥満が社会問題となっているが、一説によると貧困も一因だとか。それを、証明するかのように、劇場内に肥満の人が目立たない。いないわけではないが、明らかに他の場所と比べるとその比率が少ない。

なるほど、比較的お金持ちが集まっているから、肥満の人も少ないのかなぁ。。。などと、きれいに着飾ってミュージカルを観に来た紳士・淑女を、しみじみとながめるTORITORIであった。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

招かれざるアメリカ客

PigH1N1(豚インフルエンザ)、怖いです。何が怖いって、病気そのものよりも、罹患した人やその家族への差別が。かかった人は被害者でもあるはずですが、加害者としてしか周りからは見てもらえません。

ミネソタでも現在37名確認されているようです。もちろん用心するに越したことはありませんが、今の私の日々の生活では、1日に接する人数はごく数名。。。東京で満員電車に揺られて通勤していた頃とは違い、感染する確率は(今のところ)ごくごく低いと思います。

日本に一時帰国する知り合いが、友達に会おうと連絡をとったら断られたと言っていました。アメリカに住んでいるというだけで病原菌扱いです。私はもう2年半日本に帰っていないので、そろそろ帰省したいとも思うのですが、ほとぼりがさめてからですかね。この状況では誰も歓迎してくれないし。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事帰りにどこ行こう?飲み屋の話ではない。

Mn_1473街の樹々は、一斉に新緑を纏い、ガーデン・フェアがいたるところで開催されている。庭の手入れをする人、庭でバーベキューをする人、通りには面したカフェテラスではパラソルの花が咲き、その下でおしゃべりを楽しむ人…。寒かった冬も終わり、植物も人も堰を切ったように活動を始めた感じだ。この加速感が、さらに気持ちを高ぶらせるような気もする。陽気の変化がこんなにも、人の気持ちの変化に影響するものなのかと、改めて驚かされもする。

そんなわけで、この週末自転車の大掃除。多少なりとも融雪剤をかぶっているはずなので、手は抜けない。真っ黒だったチェーンも銀色に輝き、フレームもピカピカに。こうなると、自転車通勤のいつものルートから、ちょっと寄り道をして、ロングライドをしてみたくもなる。すでに9時ごろまでは明るいので、仕事帰りでも時間は十分にある。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Art in Bloom

Mia1Mia2ミネアポリス美術館では、毎年この時期にArt in Bloomという特別展示があります。これは、いくつかのアートに合わせたフラワーアレンジメントを一緒に展示するものです。入場無料です。
Mia3
絵をそのままコピーしたようなお花もあれば、全く違うのにマッチしているお花も。これをモチーフにして花を生けろと言われても困るよな~と思うようなアートにも、センス良く花が飾ってありました。目の保養になりますね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スヌーピーが入院!?

Mn_1465とある動物病院の庭で見つけたスヌーピー。例の屋根の上に寝ているという構図ですが、なんと点滴をうけています。写真ではわかりにくいかな。。。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイキ レベル1

Meditation_centerReiki healingの授業を受けた。レイキは日本発祥の、(大学の授業にあることからもわかるように)欧米では結構な知名度を誇る代替療法である。日本では伝統的に用いられていると思われているようで、それほど知られていないと言うと驚かれた。

宗教とは全く関係ないらしいが、エネルギーを身体に流して治療すると聞くといかにも怪しげである。しかも、attunement(エネルギー回路を開くこと)をすると誰でも一生その恩恵に与れると聞くと更に疑わしい。

レベル1では、自分や他人を治療できるようになる。レベル2になると遠隔治療ができる(電話ごしにとか、、、)。レベル3になるとレイキマスターと呼ばれ、他の人に教えることができる。私はこの授業でレベル1になった。

効果のほどは、まだよくわからない。手を当てると気持ちいいけど、それがレイキによるものなのか、単に手の平の温かさによるのか、静かにじっと自分の身体に集中する時間を持つこと自体によるのか。ただ一つだけ言えるのは、冷え性ではなくなったということ。アチューンメントを受けた時じわっと手のひらが温かくなり、それから手先がずっと冷えない。これはレイキのおかげ?効いてるのかな? Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »