« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

ドライブスルー有害ゴミ

Trash今住んでいる地域では、東京に住んでいた頃と比べてゴミの分別が楽です。紙、ビン、缶、ペットボトルはリサイクルし、あとは全部一緒。どでかいゴミ箱を、これまたどでかいゴミ収集車が、ばこっと引っくり返して持って行きます。ちなみにごみ収集は公共事業ではないので、業者に頼まないといけません(アパートの場合は家賃に含まれていることが多い)。

有害ゴミは今まで処分方法をよく知らなかったのでひたすら溜めていましたが、郡の無料有害ゴミ収集の案内が来たので初めて行ってみました。免許証をチェックされ(他の地域の人が捨てないように)、ごみを渡し、有害ゴミと普通ゴミに分けられて普通ゴミのみ返されました。白熱灯やアルカリ電池は普通に捨てて良かったんですね。

さてこの一連の作業、車から一歩も出ずに済みます(中には、トランクを開けるだけの人も)。ドライブスルーでゴミ出し。。。なんだかカルチャーショックでした。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤距離は2倍になって…

Profile
何度か、引っ越したことをこのブログで記事にしているけれど、今回も引越しに関連した投稿。引っ越す前は、わざわざ坂のあるルートを選んで、通勤したりしたほどフラットな経路だったけれど、今回は、どうあがいても坂は避けられない。加えて、タイトルにあるとおり、距離は2倍である。幸いにも、交通量の少ないルートを選べる点では、一安心。

グラフは、家から会社までのもの。横軸は距離で、0~約13km。縦軸は標高で、GPSで測定されたもの。260m~310mの範囲内なので、"平坦"といって差し支えないかな?でも、家から8km付近にある坂は、帰りには結構しんどい。

ところが、疲労感は、以前と比べると少ない気がする。また、通勤時の平均速度も2km/hほど速いような。どうにか、毎日続けられている。どうしてそうなったのか、理由は良くわからない。とにもかくにも、おかげさまで、いろいろといいことが…。下っ腹のポッコリが消え、程よい疲労感から、よく眠れるようになった。また、気温が高くなる前に会社につけるよう、朝早めに出勤するようにもなった。ミネソタでは、朝と昼で、気温が摂氏で10度以上違うことはしょっちゅう。だから、気温が上がる前なら、とても気持ちよくサイクリングができある。一方、夕方は気温が高く、家につくころには、汗でびっしょり。でも、そのおかげで、ビールがうまいっ!

と、自転車通勤について、つれづれなるままにしたためてみた。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赴くままに。。。

Sushiレストランで注文を選ぶとき、いつも迷う。そして最終的に決め手になるのは「お得感」「作る手間がかかる」「材料が手に入りにくい」「珍しい」「その店のこだわり」「健康的」など。Aが食べたい気分であってもAは家でも簡単に作れるからBにしよう、など、「これが食べたい」という欲求に素直に従うことは殆ど無い。

それに対し、TORITORIなどは基本的に食べたいものを頼む。私は「もったいない」となじるかもしれないが、ある意味それが自然なのかなとも思う。ただ、他の主婦と外食すると皆私と同じように「こんなの簡単に作れる」って言って避けているみたいだから、普段料理をするかどうかの差なのかもしれない。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的と目標

Mn_1578もちろん、日本人なのでこの2つの語の違いはわかっているつもり。そして、ほとんど無意識に使い分けている。で、日本語を学習しているアメリカ人に違いを説明してと言われて、返答に窮してしまった。

手持ちの電子辞書で、「目的」、「目標」を調べてみても、どちらにも、似たような単語が並ぶ。はて、自分は本当にこの2つの語の違い、わかっていたのだろうか?

とりあえず、「目的は到達・達成すべきところで、目標は、必ずしもその必要はない。なぜなら、目標を目指し、目的に到達、あるいは目的を達成すればいいから」。 「目的」と「目標」は、場合によっては、置き換え可能で、場合によっては不可。置き換え可能な場合とは、「目標」が到達・達成すべきものになっているときと考えてみた。どうだろう?言葉とは面白い。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

security questions

Peppermint_pattyサイトなどに登録するときに、セキュリティを高めるためにパスワードに加えてしばしば聞かれる質問がある。「母親の旧姓は?」とか「好きな食べ物は?」とか。この質問事項が、アメリカでは意外と難しい。たとえば、「生まれ育ったstreetの名前は?」「兄のミドルネームは?」「高校のマスコットは?」「父親のニックネームは?」など、日本で生まれ育っていたら答えようがない質問が多いのだ。文化の違いにこういうところで気付いたりもする。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水不足とはいえ。。。

Mn_1591ここのところ、どんよりと曇り、ときおり冷たい雨の降る日が多かったミネソタ。6月だというのに、気温が摂氏5度程度だったり。それまでは、雨が少なく水不足が心配されていたようで、望まれた雨だったとは思うが、やはりすっきりと晴れてもらいたいのが人情。そして、この週末、ようやく晴れてくれた。あまりに気持ちよく晴れてくれたので、バルコニーにノートPCを持ち込んで、このブログを書いてみた。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

便利さと快適さ

Swans今回の引越しで快適になったかもしれないが、実は便利さを犠牲にしている。以前に住んでいたところは、学校まで歩いて通え、ミネアポリスにもセントポールにもバス1本ですぐに出られた。今は学校まで自転車で通わないといけないし、バスも本数が極端に少ない。

ここでは日本と違って交通の便利さがあまり評価されない。ざっくりと言ってしまえば、裕福な人たちはバスを使わず車で移動する。するとバスの本数が減り、更にバスを使わなくなり、、、裕福な地域は不便になる。また、住宅地と商業地がはっきりと分かれているが、商業地の近く(買い物至便)よりも閑静な住宅街(不便)のほうに人気が集まる。

と一時は自分を納得させたのだが、私はやはり便利さが大事だと思う。結局TORITORIに折れた形である。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引越し

028引越し後、ようやく生活も落ち着いてきた。天気のいい日、生い茂る木々を眺めながらのベランダでの朝食は、まるで高原のペンションにでも来たような気分にしてくれる。晴れた夏の朝でも、ちょっと肌寒く、鳥たちのさえずりが聞こえてくるからだろう。慣れてきて、それが日常になれば、そんな浮かれ気分も消え去るのかもしれないが…。

ミネソタでの賃貸の部屋探し、日本でのそれとはずいぶんと異なる。間取りの表現は、2LDK, 3LDKなどではなく、2B1B、3B2B。最初のBがベッドルーム、次のBがバスルームを指す。だから、3B2Bはベッドルームが3部屋に、バスルーム(トイレとシャワー)が2つという意味。キッチン、リビング、ダイニングは暗黙のうちに含まれている。部屋探しの際、バスルームの数がどの物件でも、選択の際の共通の重要項目となるとは、結構驚きだった。

一方、「駅から徒歩○○分」「南向き、日当たり良好」はほとんど話題にのぼらない。ミネソタでは、そもそも、だれも駅なんて気にしないし、北向きの部屋、ベランダも普通に存在する。「ジムがある」「プールがある」「パーティールームがある」の方が重要みたい。

そして、ベランダの使い方。布団や洗濯物を干す場所ではなく、あくまで住人がリラックスする場所らしい。物干しに使うのは禁止されているところが多い。景観を損ねるからだとか…。一方、天気のいい日には、上半身裸のおじさんたちが、デッキチェアに腰掛、まどろんでいる。これはこれで、結構損ねているようにも見えるのだが、こちらはお構いなしだ。文化の違いである。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »