« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

声楽の授業

Alumni_center今まで、必修科目以外にも体育やレイキなどお遊びの授業をちょこちょこ受けてきました。今学期は、迷った末声楽の授業をとることに。負担が多いかなと躊躇したけれど、楽典を勉強して歌を覚えて歌ってコンサートに行ってレポートを書くというのは普段から趣味でやってることの延長ですし。合唱の指導をしている立場上、歌い方を教えてもらえるのは役に立ちますし。

それにしても英語になると、簡単な音楽用語すら何と言うのかわかりませんね。。。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60kmの通勤

Mn_1769友人の新築祝いに行ってきた。そこでご馳走になった、東南アジア系のお料理、どれも美味。とくに生春巻きのボリュームには驚いた。
さて、この友人およそ片道60kmの通勤。スムーズに行けば車で1時間弱の距離ではあるけれど、そこは痛勤であることは、洋の東西を問わず共通。ラッシュもある。自分で運転しているわけで、くつろげるわけでもない。広い家でうらやましくもあったが、ちっと躊躇する通勤距離でもある。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪阻地獄

Rose長い間子どもが授からずあまりに辛かったので、つわりの悩みなど贅沢な、と思う部分がそれまで無きにしもあらずだったが、実際自分の番になってみるとやはり苦しい。。。「生きているのが辛い」と本気で思った。いつかは終わるから耐えられたようなもので。

ひどい二日酔いが2ヶ月続くような、というか。24時間気持ち悪く(英語ではmorning sicknessと言うが夕方の方が苦しかった)、仕事、勉強、家事、殆どできずベッドで寝たきり。時の流れをあんなに遅く感じたのは初めて。

アパートの廊下や駐車場などの閉め切った場所の匂いとか、蒸気(シャワーとか)の匂いも全くだめになり、歯磨きさえもできなくなった。おなかはすくけど食欲は無い。匂いのせいで料理はできず、外食や出来合いで済ませることが多かったけど、「食べたいかどうか」ではなく「何が食べられるか」が判断材料。でも食べてみないことには自分でもさっぱりわからなくて、普段は買わないものを試しに買ってみては「食べられない~」の繰り返しだった(食費が。。。)。幸い何かは口にすることができたが、おいしいとは感じられず、また一度食べたものは二度と食べられなくなった。

つわりの症状は人によって様々で、全く無い人やごく軽くて済む人もいるみたいで羨ましい(逆に水さえ口にできず入院せざるをえない人や、産まれるまでずっと続く人もいる)。私も今ではつわりも終わり、何でもおいしく食べられるようになった。文句一つ言わず支えてくれたTORITORIに感謝。 Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルネッサンス フェスティバル

Mn_1785ミネソタに来て以来、ずっと気になっていたお祭り、Renaissance Festivalに行ってきた。ツインシティーの南西、車で1時間弱の郊外シャコピー(Shakopee)というところで、8月末から10月初旬まで開催されているお祭り。ルネッサンス期のヨーロッパの街を再現し、歌やダンス、ジャグリングなどのパフォーマンスが披露されている。スタッフはみな、中世ヨーロッパの衣装をまとい、お客さんの中にも、そういったコスチュームで来場する人も…。映画"Westworld"を思い起こさせる(さすがに、ロボットがいるわけではない)。今度行くときは、何か衣装を着て中世の人になりきってみたいと思った。典型的な日本人体型のTORITORIに似合うかどうかは別として…。

Mn_1834場内を歩いていると、貴族と思しき団体とすれちがたっり、町の職人さん風の人、聖職者風の人、本当に中世の世界にタイムスリップしたよう…。って、本当の中世ヨーロッパがどうだったのか、正確に知るわけではないので、どこまで史実に忠実なのかはわからないけれど…。中には、ローマ時代の軍人では?と思われるような衣装の人も。。。

Mn_1820メイン会場と思われる場所では、甲冑の騎士が一騎打ちを繰り広げていた。剣を交えるたびに鈍い鉄の音が会場に響き、観客からは、ウォーと歓声が上がる。勝った兵士に対しては、惜しみない拍手喝采が。。。

一騎打ちの後、写真のように、いわゆる「ちゃんばら」も行われたが、日本人にとっては、ちょっといまいち。西洋の剣は、日本刀と違って、どちらかというと、その重さに任せて、相手を鉄の棒でぶっ叩くといった感じ。見ていても、あまり芸を感じるものではなかった。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実りの秋

Vegs春には品揃えの少ないファーマーズマーケットですが、9月には色とりどりの野菜が所狭しと並びます。加えて、毎週の合唱(夢民)の練習でも、「トマト持って行って~」「レタス要らない?」などの声が。メンバーは皆、家の庭で様々な野菜を作っているようで、しかも芸術的な出来映え。庭の無い私などは専らいただくばかりで申し訳ないです。。。あ、うちにもベランダ菜園はあるのですが、ほんの気まぐれにしか収穫できないのですbud

地元で採れた旬の野菜は、より安全で美味です。この時期は普通のスーパーで輸入野菜を買うのはもったいない!Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mary Poppins

Mn_1779"Mary Poppins!"幼稚園ぐらいの女の子が、母親に手を引かれながら、看板を指差して、はしゃいでいる。今、ミネソタに、メリーポピンズが来ているのだ。
主役が魔法使いということもあり、手品もある楽しい舞台。子供連れが多いのも頷ける。そうしたミュージカルだから、英語も簡単かと思えば、そんなことはない。早口の台詞も多く、TORITORIには、ちと。。。あぁ、いつになったら、難なく聞き取れるようになるのだろうか。先に出てきた女の子の発音、幼稚園児とは言えきれいな発音だったなぁ。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妊娠5ヶ月での海外旅行

Maternityよくある質問に「妊娠中の旅行はOK?」、そしてよくある答えに「初期と後期は避け、無理のないスケジュールで。」実は今回の帰国は、妊娠5ヶ月目でした。つわりも治まり、体もそれほど重くない、旅行には最適の時期。念のためお医者さんにもOKをもらい、荷物もなるべく少なくし、あそこに行きたいとかあの人に会いたいという気持ちをこらえて実家に滞在するのみにしたのでした。

基本的には何をしても大丈夫だったのですが、普段より疲れやすく(倒れたこともあった)、時差ぼけもひどく、また国際線のエコノミークラスでは全く眠れませんでした(私には珍しいこと)。帰りの飛行機は幸いにもアップグレードしてもらえたので全然違いました。航空会社は、従業員の家族を無料でビジネスクラスに乗せるくらいなら、必要な人をアップグレードしてほしいものです!

日本ではマタニティマークを入手し、気恥ずかしくもバッグにつけてみましたが、数日の滞在では効果は感じられませんでした。しいて言えば、免許証更新の講習後に呼び止められ、「妊娠中でもシートベルトはちゃんとしてくださいね」と念を押されたことくらいでしょうか。

多少は無理したかもしれません。でも、とりあえず無事に帰ってくることができました! Sakiko

| | コメント (8) | トラックバック (0)

逆カルチャーショック

Kaimondake日本から戻ってきました。今回は東京(夫の実家)と鹿児島(私の実家)にのみ滞在しましたが、どちらとも連日33度前後の真夏日。蝉の声を聞き、蚊を叩き、汗をだらだらかきながら、これぞ日本の夏よのぅ、と感じ入りました。ちなみにミネソタは既に肌寒いです。

約3年ぶりの日本だったので、もしかして浦島太郎状態?とちょっとわくわく。でも、普段からネットや新聞をまめにチェックしていたためか、特に目新しいニュースは無かったような。情報うんぬんよりも、感覚のズレを感じることはままありましたが。たとえば、道路が狭い!車が小さい!接客の腰が低い!高校生が幼い(私の年齢にもよるか?)!などなど。

じめじめしているし(鹿児島では)灰は降るしだったけど、やはり生まれ育った国。居心地が良く落ち着きました。今回の帰国は間が空きすぎたので、次はもう少し頻繁に帰りたいです。待っていてくれる人がいるというのは有り難い事です。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色づき始めた敷地内の樹々

Mn_1767アパートの敷地内の木々は、すでに色づき始めた。夏が終わるのは、さびしい気もするが、バルコニーの前が、どんな風に紅葉していくのかは、楽しみでもある。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹八分目

Mn_1751写真は"Togarashi Burger"。唐辛子がトッピングされたハンバーガーである(パテの上に七味唐辛子がかかっているのがわかるでしょ)。日本食といえば、圧倒的に「寿司」だけれども、寿司以外にも、じわじわと日本の文化が進出してきている。それらが、いい意味で使われているとなれば、日本人としてもとても嬉しい。ちなみに、お台場のガンダムも結構話題になっている。

ラジオやテレビでも、日本語の単語を聞くことが多々ある。カラオケ、シイタケ、トウフなどなど。この前は"ハチブ"が紹介されていた。「腹八分目」のことのようであった。食べ過ぎないための秘訣のようなものだとして紹介されていた。アメリカにいると控えめであることの美徳を忘れてしまう。最近のTIME誌にも、「スポーツジムはダイエットに効果がない」と出ていた。「スポーツジムで運動した後は、運動したという満足感と疲労感から運動で消費した以上にカロリーを摂取するからだ」と。特集組んでページを割いてまで力説するようなことか!?と思ってしまったが、それがこの国なのである。

ちなみに、写真のお店のハンバーガーのパテは、"Kobe beef (コーベビーフ。厳密には神戸牛とはちがうかもしれないが…)"。おぉぉ、ここにもジャパニーズが!

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »