« ルネッサンス フェスティバル | トップページ | 60kmの通勤 »

悪阻地獄

Rose長い間子どもが授からずあまりに辛かったので、つわりの悩みなど贅沢な、と思う部分がそれまで無きにしもあらずだったが、実際自分の番になってみるとやはり苦しい。。。「生きているのが辛い」と本気で思った。いつかは終わるから耐えられたようなもので。

ひどい二日酔いが2ヶ月続くような、というか。24時間気持ち悪く(英語ではmorning sicknessと言うが夕方の方が苦しかった)、仕事、勉強、家事、殆どできずベッドで寝たきり。時の流れをあんなに遅く感じたのは初めて。

アパートの廊下や駐車場などの閉め切った場所の匂いとか、蒸気(シャワーとか)の匂いも全くだめになり、歯磨きさえもできなくなった。おなかはすくけど食欲は無い。匂いのせいで料理はできず、外食や出来合いで済ませることが多かったけど、「食べたいかどうか」ではなく「何が食べられるか」が判断材料。でも食べてみないことには自分でもさっぱりわからなくて、普段は買わないものを試しに買ってみては「食べられない~」の繰り返しだった(食費が。。。)。幸い何かは口にすることができたが、おいしいとは感じられず、また一度食べたものは二度と食べられなくなった。

つわりの症状は人によって様々で、全く無い人やごく軽くて済む人もいるみたいで羨ましい(逆に水さえ口にできず入院せざるをえない人や、産まれるまでずっと続く人もいる)。私も今ではつわりも終わり、何でもおいしく食べられるようになった。文句一つ言わず支えてくれたTORITORIに感謝。 Sakiko

|

« ルネッサンス フェスティバル | トップページ | 60kmの通勤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/46285921

この記事へのトラックバック一覧です: 悪阻地獄:

« ルネッサンス フェスティバル | トップページ | 60kmの通勤 »