« インディアン・サマー | トップページ | ホリデーシーズン »

アメリカのオーブン

Ovenアメリカのアパートには必ずある備え付けオーブン。上部は4口のコンロで見たままですが、その下はちょっと複雑。オーブン全体を温めるbakeと、直火焼きのbroilという2つのモードがあります。電気式だと中部だけを使い、bakeのときは下から、broilのときは上から温める形。ガス式ではbakeのときは中部、broilのときは底部を使います。私の場合、前のアパートは電気式で今のアパートはガス式ですが、その違いを最近まで知りませんでした(取説もないし。。。)。

ガスオーブンでのbroilの方法がわかったので、早速魚を塩焼きに。おっ、これは良い具合に焼けているな、と思ったのも最初のうちだけ。煙が。。。ん?なんと、中部に収納していたボウルなどをそのままに火をつけてしまったようで、魚ではなく食器から煙が出ていた!大事に至らずには済んだけど、かなりヒヤヒヤしました~。

オーブンは収納に使うな、とはよく聞く話だけど、ホント、気をつけないといけませんね。そういうトラブルさえなければ魚も普通に焼けそうではありますが。今回は手間かけてさばいたのに報われなかったなぁ。。。weep Sakiko

|

« インディアン・サマー | トップページ | ホリデーシーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/46818873

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのオーブン:

« インディアン・サマー | トップページ | ホリデーシーズン »