« うまれました。 | トップページ | アメリカ産院2泊体験談 »

私の出産ストーリー

Ldr額に脂汗をかいて目覚め、この痛みは今までと違うと気づいたのがその日の朝。これが陣痛というものか~、これがそのうち5分間隔になるんだろうなぁ、などと思いつつ起きて朝ごはんを食べ始めたら、既に10分間隔。すぐに絶え間ない痛みになり、慌てて病院に電話。病院のERに着いたときには全く動けず、車椅子に乗せられた途端に破水。部屋に着いたら子宮口全開でした。

すぐにいきむ(push)ように言われたのですが、いきめどいきめど全く進まない。。。反屈位(普通、胎児はあごを引いて出てこようとするが、あごを上げた姿勢のためつっかえて出てこられなくなる)の回旋異常だったらしいです。酸素マスクと点滴2種類(栄養補給と子宮収縮剤)を使い、泣き叫びながら、永遠とも思える地獄を味わいました。幸い胎児は元気だったのですが、母(私)の疲労が激しく、いきみ始めて2時間あまり経った後、吸引分娩となりました。

母子共に無事でした。陣痛が始まってから5時間ちょっとで産まれた、というと安産っぽいですが、うち半分はいきんでたというと難産っぽいです。。。

出産では予想外のことが起こるからどんな状況でも柔軟に対応するように、と両親学級で習いましたが、本当に全てのお産が独特なのでしょうね。「陣痛が始まってからゆっくりご飯を食べたりシャワーを浴びたりする時間がある(はずなのに、すぐに動けなくなりました。。。たまたま前日に入院準備をしておいて良かった)」「アメリカでは主流の無痛分娩をする(つもりだったけど、時既に遅し。麻酔する暇もなかった)」「数回いきめば出てくる(と聞くけど、私の場合は果てしなかった)」。。。予想外のことばかりでした。担当医も間に合わず当直医だったし、doulaも頼むはずがそんな余裕もなく、すべてのペーパーワークも出産後となりました。

私は痛いばかりで状況を把握できませんでしたが、TORITORIは全てに立ち会って血の海を目の当たりにし、へその緒を切ってくれました。ある意味立ち会いの人のほうが壮絶な体験をしているのでしょう。Sakiko

|

« うまれました。 | トップページ | アメリカ産院2泊体験談 »

コメント

このまえTORITORIさんには申し上げましたが、あらためて、ご出産おめでとうございます。本文にあった「ある意味立ち会いの人のほうが壮絶な体験をしているのでしょう。」で、爆笑しました。赤ちゃんは、本当に髪フサフサで可愛いですね。

投稿: てつや | 2010/04/06 17:34

てつやさん、コメントありがとうございます。
新生活いかがですか?

こちらも新生活です。大変ではありますが、結構面白いですよ。今度お目にかけたいです。

投稿: Sakiko | 2010/04/07 03:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/47384745

この記事へのトラックバック一覧です: 私の出産ストーリー:

« うまれました。 | トップページ | アメリカ産院2泊体験談 »