« なやましいアイ | トップページ | ベビーベッドの中の科学者 »

未知との遭遇

Fencing思えば、他人の新生児を見る機会って殆ど無いんですね。生まれてすぐは外出も控えるだろうし、ドラマなどでの新生児の役は3ヶ月の赤ちゃんがやるという話も聞きました。

実際にそばで見るのは初めてだからか、全てが新鮮で面白いです。びくっとしたり、泳ぐような不思議な動きをしたり、顔つきも表情もころころ変わったり。

あと、泣き声が気に障るということもわかりました。ホルモン変化の激しい母親の悲しい性か、赤ちゃんがぐずりだすと夜中でもぱっと目が覚めたりして。泣き止まないときには困ったりもしますが、本人は何か訴えたいことがあるんだろうし。。。自分の体を思うように動かせず、人に頼らないと生きていけないのに、与えられた表現手段が(相手をいらいらさせがちな)泣くことしかなく、そして常に理解してもらえるわけではないと言うのはさぞかしもどかしいだろうとも思います。Sakiko

|

« なやましいアイ | トップページ | ベビーベッドの中の科学者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/47658197

この記事へのトラックバック一覧です: 未知との遭遇:

« なやましいアイ | トップページ | ベビーベッドの中の科学者 »