« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のエクササイズ

Rimg0021娘と一緒にエクササイズ、と言ってもまだ六ヵ月の娘とできる事は限られている。でも、大人が体をはってかまってあげると、何故か大喜びするのである。だから、とってもエクササイズする励みになる。


  1. 仰向けに寝て、娘を自分の腹の上に座らせる。そして、背中をちょっとだけ床から離すだけの腹筋をする。顔が近づくたびに、ニコニコ笑ってくれる。

  2. 仰向けに寝て、両腕を天井に向かって伸ばす。もちろん、両手では娘を落ちないように支えている。そして、腕の曲げ伸ばしをすれば、まさに、チェストプレス。顔が近づくたびに、ニコニコ笑ってくれる。

  3. 立った状態で、肘をわき腹につけ、腕を直角に曲げる。両手は、娘の脇を持っている。そして肘をわき腹から離さないように、娘を上げたり下げたり。まさに、アームカール。顔が近づくたびに、ニコニコ笑ってくれる。

  4. 娘の両脇を持ち、自分の肩ぐらいの位置から、両腕を伸ばした位置まで上げ下げする。いわゆる「たかい、たかい」である。これも、もちろん、大喜びである


これが、今のところTORITORIのやっているエクササイズである。揺さぶられっこ症候群の防止の為にゆっくりやる事が大事で、同時にそれは、エクササイズの効果も増やしてくれるだろう。そしてなにより、毎日やらないと、ウエイトである娘は、どんどん成長し重くなるのである。娘との絆を深めながら、運動にもなり一石二鳥である。
TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離乳食の開始時期と種類

Spoon離乳食をいつから始めるべきかについては、様々な情報があるので迷いました。4ヶ月から、5ヶ月から、6ヶ月から、いや1年以上後から、時期は関係なく興味を示し始めたら、など。離乳食を早く始めるメリットがあまり無いとわかってきたようで、最近はだんだん遅らせる傾向にあるみたいですね。ちなみにアメリカ小児科学会は6ヶ月からを勧めています。うちの場合、5ヶ月頃から私たちが食べる様子を物欲しげに見ていたので、ちょっと早いかなとは思いつつ、5ヵ月半から始めました。

アメリカでは最初はライスシリアルを母乳でといたものを与えます。それから各種シリアル、野菜や果物などのすりおろしへと進みます。新しい食べ物は、反応を見るために、3日以上たってから1品目ずつあげることになっています。

日本式におかゆを作ろうかとも考えましたが、面倒で最初から挫折してしまいました。アメリカの離乳食はオーガニックで味付けや添加物(着色料・保存料)なども一切無しの単品ピューレが非常に充実していて、しかも1瓶50円くらい。最初はアメリカ人もヘルシーな食事から始まるんですねぇ。いつから砂糖塩油べっとりになるんでしょ。

でも食事っぽいメニューまで段階が進むと、ぐちゃぐちゃのマカロニとかポテトとかしかなくなるらしいです。そうなると和洋中種類が豊富でグルメな日本のベビーフードに軍配が上がるんでしょうね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無心で通勤?

Rimg0007自転車通勤をなんとか続けている。週に2回、あるいは1回だけでも乗るようにしている。よし、今日は自転車で行こう!と思うまでが大変なようだ。いざ、乗り出すと、どういうわけか、無心でペダルをまわしており、ハンドルを操作し、気がつけば会社に着いている。帰りは逆に家に着いている。こういうのを体が覚えているというのかなぁ…とも、考えたりもする。Sakikoの友人に、「太ったね」と言われたようなので、もう少し気合い入れてエクササイズしないとな。無心だなんてカッコつけている場合じゃないな。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Roseville library

Roseville_library図書館は私の憩いの場所。DVD、CD、本などを借りては楽しんでいます。うちから一番近い公共の図書館(ローズビル図書館)は、来館者数がミネソタ一だったらしく、いつも混んでいました。そこでしばらく工事をして増築し、やっと先週再オープンしました。エコを考慮した建物になっているらしいです。子ども向けのコーナーが充実していて、絵本やおもちゃがたくさんあります。図書館と児童館が一緒になった施設と言えばよいでしょうか。特に寒くて外に出られない冬には重宝しそうです。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅ラッシュは、何時から?

Rimg0030ツインシティーの周辺を走る路線バスには、概ね2種類の料金体系がある。ラッシュ時間帯とそれ以外。ラッシュ時間帯は少々割高なのだ。

さて、ではその時間帯はいつなのか?なっ、なっ、なんと、午後三時頃からラッシュ時間帯になる。帰宅ラッシュが始まるということらしい。日本で仕事していたときは、午後三時なんて、まだエンジンかかってなかったかも…。

そして、午後6時半頃には、ラッシュ時間帯は終了する。だいたい道路の混み具合も、それと同じような感じ。ちなみに、写真は午後4時頃のもの。日が暮れるまでにはまだまだである。だいたい、10時をすぎないと暗くならないし。

特に、金曜日の帰宅ラッシュは、早い時間から始まるらしい。昔「五時から男…」なんてコピーもあったが、ミネソタで、それじゃぁ完全に出遅れ!

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張人形劇

Puppet_show知人に、たびたび自宅に人を招いて映画上映会を開く人がいます。広い庭や広いリビング(ピアノが2台ある!)で自前の映写機を使い、ポップコーンマシンでポップコーンを振る舞い。。。なんだかアメリカンでしょ。

先日は、その知人が各家々に出張してくれるという人形劇をホストしたので、お招きにあずかって観に行きました。生で人形劇を観るのっていつ以来だろう?こんなに楽しかったっけ?卓越したストーリー、舞台を最大限に活用した演出、機転のきいたアドリブ。温かい雰囲気のなかで、とても楽しい時間を過ごしました。ありがとう。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマ大統領からの手紙

Message_2
正直言って、半分諦めていました。それが、このグリーティングカード。娘の誕生を祝ってくれたものです。娘宛に、オバマ大統領夫妻から届きました。

まだ、娘がお腹にいたとき、Sakikoがたまたま見つけた新聞記事で知ったこの制度。無事生まれた10日後に少し余裕ができたので、TORITORIがせこせことこの手続きをしたのだった。そして待つ事、約半年…、ようやく届いたのである。ホワイトハウスでは、重大な問題が山積されているはず、そんな中こうして処理された事を思うと、感謝の気持ちでいっぱいになる。

ネットにもこの制度に関する情報(英語)は載っていた。

(今のところ)世界的にも人気のある大統領から頂けたお祝いカードの感激に浸っているところへ、「もしかして、娘宛の最初の手紙が、米国大統領から?すごーい」と、さらに鼻息を荒くしていると、「小児科の請求書は娘宛だから」とさらりとSakikoの一言。あっ、いやっ、そりゃぁそうかもしれないけれどぉ…、それはさぁ、ちょっと違うじゃない…って、違いをちゃんと説明できないTORITORIであった。これが最初であろうとなかろうと、娘よ、このメッセージにあるように、幸せで充実した人生を送ってくれ!

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリームフィーディング

Rimg0060日本語でなんと呼ばれているのか、知らないけれど、面白かったのが「ドリーム フィーディング - dream feeding」。夜、空腹が原因で赤ちゃんが起きないようにするための工夫らしい。いったい誰が、どうやって見つけたのか?

不思議なもので、寝てしまっている赤ちゃんの口にそっと哺乳瓶の口を近づけると、おもむろにミルクを吸い出す。起きているときよりも、おとなしく吸うので、吸い込まれる空気も少ないようで、ゲップの心配も少ないそうだ。通常は、大人よりも早く寝てしまっている赤ん坊、おとなしく寝ている間に、その子の空腹を満たしてしまうので、より長く寝てくれるという理屈のようだ。これで、大人の睡眠時間もできるだけ長く確保しようという「戦略」らしい。

哺乳瓶の方が、寝ている子を動かさずに済むので、便利だけど、場合によっては、お母さんから直接授乳させても起きないときもある。

すやすやと寝ているところへ、哺乳瓶を近づけるとそれを吸い出す我が子。また違った愛くるしさである。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張と母乳育児

Nursing_room母乳で育てている子と離れての出張は大変。痛い&乳腺炎怖い&出なくなるので、数時間おきの搾乳が必要です。搾る時間と場所があるのか?保存できるのか?機内に持ち込めるのか?など心配すればきりがありません。

まずスケジュールとにらめっこして搾るタイミングを決めます。休憩時間はほぼ搾乳に消えました。空港の授乳室(写真)、空港のトイレ、飛行機内のトイレ、機内の座席、ホテルの部屋、空き会議室、バスの後部座席に至るまで様々なところで搾りました。協力的な人がいると、人目をガードしてくれたり空いている部屋を使わせてくれたりと便宜を図ってもらえて助かります。搾乳器は電動と手動の両方があると便利です。

空港のセキュリティをひどく心配していたのですが、意外とすんなり通れました。少し前までは子ども同伴でないと母乳持込ができなかったようですが、今は問題ありません。医薬品として液体とは別に扱われるので、持ち込む量の制限もありません。自己申告して別途検査を受ければ大丈夫です。ただし、解けた保冷剤は没収されてしまいました(その時点で凍っていたらOK)。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »