« テラスで弾き語り | トップページ | ドリームフィーディング »

出張と母乳育児

Nursing_room母乳で育てている子と離れての出張は大変。痛い&乳腺炎怖い&出なくなるので、数時間おきの搾乳が必要です。搾る時間と場所があるのか?保存できるのか?機内に持ち込めるのか?など心配すればきりがありません。

まずスケジュールとにらめっこして搾るタイミングを決めます。休憩時間はほぼ搾乳に消えました。空港の授乳室(写真)、空港のトイレ、飛行機内のトイレ、機内の座席、ホテルの部屋、空き会議室、バスの後部座席に至るまで様々なところで搾りました。協力的な人がいると、人目をガードしてくれたり空いている部屋を使わせてくれたりと便宜を図ってもらえて助かります。搾乳器は電動と手動の両方があると便利です。

空港のセキュリティをひどく心配していたのですが、意外とすんなり通れました。少し前までは子ども同伴でないと母乳持込ができなかったようですが、今は問題ありません。医薬品として液体とは別に扱われるので、持ち込む量の制限もありません。自己申告して別途検査を受ければ大丈夫です。ただし、解けた保冷剤は没収されてしまいました(その時点で凍っていたらOK)。Sakiko

|

« テラスで弾き語り | トップページ | ドリームフィーディング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/48772177

この記事へのトラックバック一覧です: 出張と母乳育児:

« テラスで弾き語り | トップページ | ドリームフィーディング »