« 口述試験 | トップページ | キャンピングカーでグランドサークル巡り »

ブルーベリー狩り

Rimg0005食事の時にブルーベリーがあると、そればかりをひたすら食べる娘。それならば好きなだけ食べさせてあげようと、ブルーベリー狩りに出かける事にした。

ミネソタ州ツインシティーでのブルーベリーシーズンは、8月ではもう終盤に近いようで、「終了しました」ばかり。中には、「クマに荒らされて、全部食べられてしまったので、今シーズンは終わり」なんて、かわいそうな農場もあったようです。

Rimg0007そんなわけで、郊外の農場まで足を延ばした。Strawberry Basketという名前の農場。日曜日の 朝9時という時間にもかかわらず、すでに何組かが来て摘み始めていた。農場の人に簡単に説明を受け、指示された場所で、我々も摘み始めた。ポロッポロッと意外に簡単に取れる。1歳7ヶ月の娘も、上手に摘んでいる。そして、摘んだベリーを、ちゃんとカゴに入れる。ときどき、そのカゴに手を延ばし、パクっ。何故か、摘んだベリーを直接食べない。一旦はカゴに入れるところが妙に律儀。でも、パパ、ママが摘んだベリーの山を見ると、小さな手一杯にそのベリーを握りしめ、パクっ、パクっ、パクっ!親が摘むのが速いか、娘が食べるのが速いか!?

入場料無料で、その場で食べる分にはいくら食べてもいい事になっているので、TORITORIも遠慮なくパクっ。摘みたてはなかなか美味しいものですね。

我が家は、結局2kg弱をカゴにいれて、持ち帰る事に。約11ドル。娘のいい思い出になってくれただろうと信じつつ、親も結構楽しめたブルーベリー狩りだった。

TORITORI

|

« 口述試験 | トップページ | キャンピングカーでグランドサークル巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/52422941

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベリー狩り:

« 口述試験 | トップページ | キャンピングカーでグランドサークル巡り »