« ふるさと鹿児島は遠くにありて | トップページ | うつしうつされエンドレス »

ペンギン バトル

Penguin娘ができて、久しぶりにやるようになった事に「絵を描く」がある。娘と一緒にお絵描きをするわけだが、ふと、娘を喜ばそうとペンギンを描こうと試みた。確かにペンギンを描くつもりだったのだが、線を入れるたびに、何か違う…。直そうとしても、どこを直せばよいのか…。ペンギンの写真などで確認すればよいのだが、それも悔しい。

中途半端で終わらせるのもなんなので、とりあえず仕上げをしたが…。やはり、娘はそれを見ても何も言ってくれない。覚えたての言葉で「ぺんぐいん!ぺんぐいん!」と喜んでくれるのを期待したのだが…。

Sakikoにも「何それ?」と冷たく言われる始末。「じゃぁ、描いてみなよ」とTORITORIは猛反発。そして、Sakikoが描いたものを見て、TORITORIも負けずに「何それ?」と言ってやった。

TORITORIは、今度は写真で特徴を確認した上で改めてペンギンを描き始めてみた。そこへ娘がやって来て、見たとたん…「ぺっんぐいん!ぺっんぐいん!」と騒いでくれた!「おっしゃっ!」とガッツポーズ。

気分を良くしたところで、改めて親の描いた三羽のペンギンの絵を娘に見せた(鑑定してもらった?)ところ、TORITORIが最初に描いたものだけ「ぺんぐいん」と言ってくれない…。Sakikoが写真を見ずに描いたのも似たり寄ったりだと思うのだが、それには「ぺんぐいん」と叫ぶのだ。うぐ〜っ、なんとも悔しいが、娘の判定には文句はいえない。

TORITORI

|

« ふるさと鹿児島は遠くにありて | トップページ | うつしうつされエンドレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58803/53606999

この記事へのトラックバック一覧です: ペンギン バトル:

« ふるさと鹿児島は遠くにありて | トップページ | うつしうつされエンドレス »