« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

アンパンマンミュージアム

Pan_pan娘の2歳の誕生日は平日で、しかも私が風邪を引いてしまっていたので、何もお祝いできませんでした。その罪滅ぼしにと先日、片道2時間かけて、横浜アンパンマンミュージアムに行ってみました。

行ってみたら人、人、人。狭い敷地内にすごい人出。しかも雨の中、外を通らないと移動できない作りになっていて、全く落ち着かない。途中から雨は止んだものの、広場で皆で体操するイベントは地面が濡れて危ないので中止なんて、まず設計から間違ってると思うのですが。

結局ミュージアムには入らず、その周辺のお店やレストランだけで帰ってきました。それでも娘は楽しんでいたようで、お土産のバイキンマン&ドキンちゃんのパンも保育園で羨望の的だったとか。今度はミュージアムにも連れて行ってあげたいけど、距離と人出を考えると気が重いなぁ。。。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしも、ピアノが弾けたなら…

Rimg00092歳になったばかりの娘のピアノです。これをときどき使っているTORITORI。「キラキラ星」や「カエルの合唱」などを弾くと、娘が横で歌ってくれる。これが、またとても楽しい。

欲が出て来て、ポップスなどを弾こうと試みるが、楽譜がない。ネットで探しても、著作権の関係からただでは手に入らない。そんなこんなで困っていると「聞いたままを弾けばいいじゃない」とSakikoが言う。

音楽方面での才能はほぼ皆無のTORITORI、マイペースで子供向けのピアノを楽しんでいる。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子働くべからず

Uk帰国して感じたのが、誰からも働くことを期待されていないということ。政策ではいつも専業主婦が優遇されているし、生命保険の勧誘などでは夫の庇護下にある家族を勝手に想定するし、保育園に預けると言ったら親の第一声は「かわいそうに」であった。この、働かないことを奨励する社会というのは、アメリカ帰りの私には結構ショッキングであった。

私自身は、娘と1日ずっと一緒にいるとぐたーっと疲れてしまうので、多少離れているほうが私の精神衛生上よろしい。いつも他の子どもたちの輪に入りたそうにしている娘にとっても、保育園生活は楽しいであろう。まぁ他にもいろいろと思うところはあって、働くことを選んだ。あるべき姿を押し付けるのではなく、人それぞれの事情に合ったライフスタイルを選べば良いと思うのだけど。Sakiko

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ノーテンキな再出発

Rimg0021帰国後約3ヶ月たった。日本での新しい生活もようやく軌道が見え始め、ゆっくりとだけれど、軌道の上を走り始めた。紆余曲折はあったけれども、周囲からのサポートもあり、結果的にはいいところに落ち着けたような気がしている。いいところと思えるのも、持ち前のノーテンキのなせる技?

TORITORI


| | コメント (1) | トラックバック (0)

うつしうつされエンドレス

Toddlers保育園に通うようになると病気がちになる、とはよく聞く話です。去年の冬は娘をアメリカのデイケアに預けて、風邪をうつしうつされ大変だった記憶があります。もちろん調子が悪いときは休むにしても、ある程度は仕方ないことで、お互い様ですし、それなりに免疫はつくのかもと思い諦めています。

さて、日本に帰ってきてまた保育園に通い始めたら、早速次々と。。。子どもがかかるとほぼ100%親にもうつります。この前のウイルス性胃腸炎のときは、病院で「お父さんお母さんにもうつりますので」と言われ、死刑宣告を受けた気分でした。そのときは結局パパだけが犠牲になりましたが(なぜ私が大丈夫だったか不思議、、、手袋も消毒もせずに嘔吐と下痢の始末とかしてたのに)。。。そしてやっと治ったと思ったら今度は風邪を私がうつされ。。。この冬も苦戦しそうです。Sakiko


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »