« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

知ってて良かった…

Rimg0015娘と散歩してたときの事、突然「これなに?」と質問された。娘の小さな指には小さくともしっかりと道ばたに咲いていた黄色いタンポポ。いやぁ、知ってる花でよかったとホッとしつつも、こういうコミュニケーションがとれるように娘も成長したんだと感無量。
いずれはくるであろう、もっと難しい質問や知らないものへの質問にも的確に対処できるようにしないとね。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族と社会

Koinobori以前もグチをこぼした通り、働くママには冷たい世の中である。根拠もなく3歳児神話を信じている人も未だにいるようで、相変わらず知らないおばさんとかに「大変ねぇ」「お母さんも働かないとやっていけないのねぇ」などと同情されることもあるが、軽くスルーしている。

そんな中、母親は子供を自分で育てたいはずなのに、そうできない社会が問題だ、というある新聞投稿を読み、違和感を感じた。正直に言うと、私は他の人が子育てしてくれるのを有難く感じている。愛情は人一倍あるつもりだけど、育児より仕事のほうが楽だし、少し離れる時間があった方が優しくなれる気がするのだ。

そもそも、家族が面倒をみたいはず、という思い込みが危険だと思った。家族に押し付ける社会とは、育児だけでなく、介護とか障がい者の世話にもつながる話で、最近話題の虐待や孤独死などにも関連するであろう。もっと人に頼っても良いのではないか、そして人に頼る自分を責める必要はないのではないか、また社会はいろんな選択肢を認めるべきではないか、と思う。Sakiko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さくら

Rimg00457年ぶりのさくら。アメリカ滞在中、一時帰国はしていたものの、さくらの時期に帰ってくる事はなかったので、数えてみたら7年ぶりだった。
娘が通う保育園の庭にも桜の木がある。彼女にとっては、人生初めての桜。風に舞う桜の花びらを両手をあげてつかもうとしていたらしい。見てみたかったぁ。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢はメリーポピンズ?

Kasa昨日の嵐はすごかったですね。雨風の中、うちの娘はお気に入りのアンパンマンの傘を持って歩いて帰ると。「ちゃんと傘を持ってるんだよ」って言った途端、突風が。娘は飛ばされ転倒。泣きべそをかきながらも、手にはしっかりと傘が。えらいぞ娘。というか、人って本当に飛ばされるんですね(足元をすくわれたって感じでしたが)。

Sakiko

P.S. ちなみに、関係ないですが、アンパンマンたいそうのサビ「アンパンマンは君さ~」のところ、うちの娘が歌うと「アンパンマンはキティちゃ~ん」になります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »