« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

英語は社内公用語になる?

Grandcanyon私が今いる職場では、英語が必須です。実際、一人残らず英語ができます。日本語で話しているときに英語しかわからない人が来たら英語でそのまま喋り続けるし、英語の文書も日本語の文書も分け隔てなくそのまま読むという環境です。

でも、公用語は日本語です。会議も、書類も、日本語が使える限りは日本語を使います。だって、日本人だし。日本語母国語だし。そっちのほうが楽でしょ?

社内公用語は英語、という会社もちらほらあるようで、その意図はわからなくはないのですが、実際うまくいっているのでしょうか?

流暢に喋れる人だけが会議で発言していたり、ちょっとした発言を飲み込んでしまったり、微妙なニュアンスを伝えられなかったり、やたらに時間がかかったりとかして。

まぁ、そういう環境に置かれると慣れてしまい、そのうち問題なくなるのかもしれませんが、最初のうちは結構大変なんじゃないかなぁと思います。 Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物を持たない生活

Rimg0005_4国をまたいだ引越しを二度経験して、痛いほど身にしみたのが溢れるモノモノモノ…。片付ければ片付けるほど、どこからともなく湧いてくるモノモノモ。特に細かいモノモノモノ。何故、そんなに持っていたのか?何のために持っていたのか?

そして、かなりのものを処分して帰国したはずだったが、できるだけ「所有しない」ことを心掛けようとしているはずが、気が付くとモノに囲まれた生活に。デナリ国立公園で出会った"Less is more."の言葉。芸術や仕事だけではなく、日々に生活にも応用できるものだったのかぁ。でも、実践は、一筋縄ではいかぬようだ。これからの課題である。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝日のありがたみ

Gwゴールデンウィークも終わってしまいました。どこに行っても高いし混んでいるこの時期に出かけるのは疲れるので、遠出するのは別の機会にして、今回の休みはほぼ近場で過ごしました。平日にはなかなかとれない、家族水入らずの時間というものを久しぶりに満喫しました。お休みって本当にいいものです。

働き始める前に無職の期間がありましたが、そのときはずっと休みでも全く楽しくなかったです。休みがありがたいと思えるのは、働いているからこそですね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »