« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

東京タワー

Tokyo_tower東京タワーに行ってきました。スカイツリーもできたのに、まだエレベーターも止まってるのに、なぜ東京タワー?という気もしますが、なぜかずっと前からTORITORIが行きたがっていたんですよね~。天気が良く予定も無い週末だったので決行しました。

閑散としているかと思いきや(失礼)、かなりの混雑。みんな、こんなところにいて、スカイツリーに行かなくて良いのでしょうか?私は人ごみが苦手なのでそれだけで疲れました。肝心の眺望はというと、トイレだの授乳だのオムツ換えだのでてんやわんやしていて見る余裕が無い。ちらっと見ただけなので印象に残っていません。もったいない。赤ちゃん連れで行く場所では無さそうです。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文章力下り坂

Sakiko文章力が衰えたな、と思う。昔は「コラムニストになったら?」と言われたこともあるくらい、それなりに面白いモノを書けていたような気がするが、今はさっぱり。適切な語句も浮かばないし、キレのある文章にならず、情けなくなる。

日本語力の低下は、海外生活におけるマイナス面の一つかもしれない。本などで意識して日本語に触れるようにしても足りないのだと思う。加えて、最近はまとまった文章を書く場面が減ったので、文章の構成力も低下している。育児による引きこもり生活(他者からの刺激が少ない)も、それに拍車をかけている。

危機感を抱き、ブログを再開してみた。やっぱり書いて書いて書きまくるのが一番だと思うので。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物は自宅にて

Shopping家から徒歩5分以内にスーパーは7~8軒、コンビ二も5軒はあるし、八百屋や肉屋などのお店も何軒あるかわからないほど。買い物環境には恵まれている。

それでも今、買い物はほとんど宅配で済ませてしまう。産前産後は体力的にきつかったし、子供を連れての買い物はストレスが大きいし。子供が店内を走りまわったりだだをこねたりすることなく、抱っこ紐と両手に荷物を持って肩がバリバリになることなく、自宅で商品を受け取れるのはこの時期非常に助かる。宅配、通販、ネットショッピング、ネットスーパー、いろいろなサービスが充実してきてありがたい。

ただ比較検討できる分、意外と時間はくってしまう。店で自分の目で見て買うほうが、楽しく早く済むと思うことも。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかあさんといっしょ

Nhk娘は先日、NHK「おかあさんといっしょ」に出ました。出演できるのは3歳児のみ。毎月公募があり、応募し続けること数回、やっと当選しました。

収録時、おにいさんおねえさんが出て来ると、「きゃー!!heart04」、、、子どもではなく親の間からの歓声。そう、皆、子どもより親が熱心なのです。私はそれほど熱心ではなく、1ヶ月に1回収録してそれを1ヶ月間使いまわしていると思い込んでいたくらいだった(毎日違う子が出てるんだ。。。)ので、ちょっとびっくり。おかあさんといっしょのコンサートなども毎回ものすごい倍率らしいです。今回当選したのは強運だったんですね~

おにいさん、おねえさん達は、カメラの回っていないところでも常にニコニコしながら子どもたちに気を配っていました。大変な仕事ですね。

娘はそれほど番組を見ていなかったせいか、収録当日は状況がよく把握できていない様子。でも、後日、実際に自分がテレビに映っているのを見て大喜び。よっぽど気に入ったようで、録画してある番組を毎日のように見たい見たいとせがむように。母、応募した甲斐ありです。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども2人をお風呂に入れるには

3ninburo子どもが2人になって大変になったのが、お風呂。沐浴はまあいい。パパと分担できるときはいい。でも、ママ1人のときはどうやって子供2人を入れるんだ?

そのくらい当たり前にやっている人はたくさんいるのだろうから、こんなことで困るのは私だけなのか?特に寒くなってきたので手際よく済ませたい。

いろいろと調べ、試し、工夫。1人ずつ2回に分けてというのは面倒だったし、裸で走り回る時間が長くて風邪をひいてしまった(→やはり3人同時に入る方向で考えよう)。上の子を入れて下の子を近くで待たせて、というのは下の子が待つ間が寒そうだった(→脱衣所に暖房導入)。お風呂からあがるときは、子どもの世話を優先するので寒い(→自分用に大判のタオル準備)。風邪をひき、子どもに騒がれ、湯船にのんびり浸かって、という余裕など無い。そのうち慣れるのだろうか。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »