« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

パパは保護者じゃない?

Kataguruma保育園には保護者会というものがある。うちはできる限り両親揃って参加するのだが、パパの参加はいつもうちだけ。保護者会の前に有志で行くランチには、「パパは一人ですけど気にしませんか」と遠回しに断られたり(?)もする。

送迎を両親で分担する家はあるようだし、運動会には両親揃って参加する家もあり、皆が皆、父親不在の家庭というわけでもなさそう。でも、保護者会=ママ会、なのだ。どうも「そういうのは父親が参加するものではない」と思い込んでいるらしい。父親も、母親も。そして保育園も。

パパはせっかく有休をとって参加しているのに、「ママと一緒におやつを食べて遊ぶ日」と教えられているようで、ちょっと不憫。私からすると「なぜ他のパパは来ないんだ?」と思うけど、他の人からすると「なぜあのパパは来てるんだ?」って思われているかも。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンリオピューロランド

Fuwafuwa以前ハーモニーランドのことを書いたことがありますが、今度はピューロランド。娘の誕生祝いです。

お誕生日のカードを首にぶら下げていると、スタッフの人たちが「おたんじょうびおめでとう~」とシールを貼ってくれます。ふわふわランドという子供向けの遊具があるコーナーでは、キティちゃんが一緒に遊んでくれました!娘は大喜びです。

私自身も、懐かしいキャラクターたちに会えたりミュージカルを見ることができたりして楽しかったです。周りを見ると、パパたちはいかにも「連れてこられた~」という感じであくびしていたりしていましたが、女の子(大人もね)にとっては夢の国ですね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元に帰ろう

Furusato年末に帰省した際、高校の同窓会なるものに顔を出してみました。何年ぶりだろう?毎年やっているらしいのですが今までは参加できず、今更ながらだと知らない面々ばかりで、なんだかアウェイな感じでした。

わかったのは、地元に残っている人はほとんどが専門職(医者など)か公務員(高校教師や役所勤めなど)。地元企業(地銀、百貨店など)勤めや起業した人もいるけれど、少数派。

全国で、地方工場の撤退なども進んでいる。東京には存在する職種が、地方には無い。私が来たとして、できることは限られている気がする。まして、夫婦揃って就職しようと思うと難しいだろう。

こうして、大都市への一極集中が進んでいくのか。東京オリンピックも拍車をかけるだろうし。マンションだらけ、狭小住宅だらけの東京をみて、むなしくなる。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014 年始のご挨拶

Buried_shrine_gateあけましておめでとうございます。今年もこのブログをぼちぼち続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

年末年始はふるさと鹿児島で過ごしました。いつもは航空券が高くなる時期をずらして帰るので、この時期の帰省は久しぶりです。息子にとっては初めての飛行機となりました。

日帰り温泉を楽しんだり、娘を桜島フェリーに乗せたり、高校の友人達と会ったり、紅白のあまちゃんコーナーに快哉を叫んだりと、充実した日々でした。Sakiko (写真は桜島の大噴火の際に埋もれた鳥居。娘に強烈な印象を与えてしまったよう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »