引き際

Muminボランティアで続けてきた合唱団のディレクターを今年いっぱいで辞めるので、楽譜を整理したり、引継ぎ資料を作ったり、愛唱曲を録音したりしました。3年も続けていると思いのほか量があるもので、この引き継ぎに連休を費やしてしまいました。。。

数々のイベントに呼ばれ、行ってみたら前座だったり誰も聞いていなかったりということもありましたし、三線や踊りのグループと共演したり、ラジオ出演もしたり、いろいろな経験をさせてもらいました。

大変なこともたくさんあったはずですが、いざ辞めるとなると楽しかったことばかりが思い出されます。私の長年の合唱&ピアノ経験を活かし、趣味を続け、交流を広げる場があったのは幸いだったとつくづく感じます。 Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声楽の授業

Alumni_center今まで、必修科目以外にも体育やレイキなどお遊びの授業をちょこちょこ受けてきました。今学期は、迷った末声楽の授業をとることに。負担が多いかなと躊躇したけれど、楽典を勉強して歌を覚えて歌ってコンサートに行ってレポートを書くというのは普段から趣味でやってることの延長ですし。合唱の指導をしている立場上、歌い方を教えてもらえるのは役に立ちますし。

それにしても英語になると、簡単な音楽用語すら何と言うのかわかりませんね。。。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実りの秋

Vegs春には品揃えの少ないファーマーズマーケットですが、9月には色とりどりの野菜が所狭しと並びます。加えて、毎週の合唱(夢民)の練習でも、「トマト持って行って~」「レタス要らない?」などの声が。メンバーは皆、家の庭で様々な野菜を作っているようで、しかも芸術的な出来映え。庭の無い私などは専らいただくばかりで申し訳ないです。。。あ、うちにもベランダ菜園はあるのですが、ほんの気まぐれにしか収穫できないのですbud

地元で採れた旬の野菜は、より安全で美味です。この時期は普通のスーパーで輸入野菜を買うのはもったいない!Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nagasaki Commemoration

Nagasakiセントポールと長崎市が姉妹都市ということもあり、毎年8月9日に行われているNagasaki Commemorationに合唱仲間と参加してきました。歌を歌い、お話を聞き、黙祷を捧げてセレモニーは終わり。紅白の横断幕とか、ショッキングピンクの「いらっしゃいませ」のぼりとか、???と思う点はあったものの、想いのつまったささやかな素敵な会でした。ちなみに、これに参加したアメリカ人は、原爆投下は正しかったと教え込まれ信じている大多数のアメリカ人とは違う、ごく少数派だと思います。

本当は長崎からも学生が来るはずだったのに、H1N1のためキャンセルになったとか。アメリカ在住の身からすると日本のほうが恐ろしいくらいですが。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔取った杵柄のはずが

Pianoroom以前にも書いたことがありますが、合唱の練習に使えるよう、ピアノで弾いた曲をCDに焼いています。録音すると嫌でも突きつけられてしまう自分の演奏(ノ_-。) 私こんなに下手だったかなぁ。

ピアノを本格的に習っていたのは大学進学前までなので、10年以上のブランクがあるのだからしょうがないけれど。昔は弾けていただけにショックです。のだめを見ていると昔コンクールで弾いたような曲がよく出てきて懐かしくも思うけど、もう弾けないなと悲しくなったりもして。「ピアノ弾けます!」って堂々と言えなくなってきました。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インプットとアウトプット

Hosmer合唱の指導を始めて約1年半。おかげさまで様々なイベントに出させていただいたり(ラジオ出演もしました!)して、なかなか充実しています。

合唱団の一員としての経験は20年以上(数えてちょっとくらくらした(lll゚Д゚))あるものの、指導する立場になると別ですね。今まで何をやっていたかなぁと一生懸命思い出し、指導者のための本を読んだりビデオを見たり、ネットで検索して、練習メニューに何を組み込めば良いのかを考える。。。

感じるのは、引き出しをどれだけ持っているかが大事だということ。アウトプットを出そうとして初めてインプットが足りないことに気づくものです。幸いミネアポリス/セントポールは文化芸術に理解のある街なので、リソースは結構あります。積極的に刺激を受け続けたいと思います。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽生活)ピアノ→PC→CD

PianoDTMについては以前軽く触れましたが、今回は弾いたピアノをパソコンに取り込んでCDに焼いてみました。電子ピアノとPCをMIDIケーブルでつなぎ、シーケンサー(Cherry使用)で取り込んで編集してMIDI出力して、ファイル変換ソフト(timidi95使用)でwavにしてCDに焼く。それだけとはいえ、何が必要?どう接続するの?シーケンサーとは何ぞや?どのフリーソフトが使える?等々、一から勉強しないといけなくて一苦労でした。

同時に、ピアノで弾いた曲を楽譜に起こすこともできるようになりました(score grapher使用)。今まで一音一音パソコンのキーボードから入力していたのがバカらしく思えるほどさくさくできました。これだと楽譜が読めなくても楽譜が書けそうですね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢民ミニコンサート

Miniconcert夢民でミニコンサートを開きました(夢民はミネソタ在住の日本人によるコーラスグループで、私が指導・伴奏をさせていただいています)。「うれしいひなまつり」などの日本のうた、「サンタルチア」などの外国曲、「千の風になって」などの歌謡曲を歌ったほか、沖縄三線、太鼓、折り紙などのパフォーマンスもあり、盛りだくさんの内容でした。お客さんにも喜んでもらえたようで何よりです。Sakiko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆クリスマスソング★

Raindeerクリスマス、もうすぐですね♪私はクリスチャンではないけれど、クリスマスの雰囲気は好き。ラジオで一日中流れているクリスマスソングを飽きずに聴いたりして。日本で流れる曲と選曲が違うのも面白いです(ワム!は共通だけど、、、山下達郎は聴かずに済む)。先週末は日本語補習校と教会とで演奏する機会があり、そこでも一足早いクリスマス気分を味わってきました。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千の風になって

Japanese_festival_41私の関わるコーラスグループ夢民の練習を毎回ニコニコ聴いてくださっていた方がお亡くなりになり、そのメモリアルサービスに出席しました。「お葬式」というよりも「お別れ会」のようで、大勢の人が(日本のように黒一色ではなく)思い思いの服装で集まり、故人を偲び思い出を共有しました。2時間ほどのセレモニーは家族や友人などがその方の人生や思い出を語ったり、歌を歌ったり(私達)、お経を読んだりと、メリハリはありつつも堅苦しくなく温かい雰囲気で、その後は食事をいただきながら歓談しました。

お会いできたのは短い間でしたが、戦争を生き抜き、一人で子どもを育て、渡米し、と波乱の人生を垣間見、その芯の強さに改めて感じ入りました。ご冥福をお祈りします。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧