St Paul Classic Bike Tour

ClassicSt Paul Classic Bike Tourに参加しました。自転車のイベントはいつもTORITORIのみの参加なのですが、たまにはと説得され、家族3人で出ることに。娘はchild trailerでTORITORIに引っ張られての参加。私は普段あまり自転車に乗らないので、全く練習も無しに本当に走れるのか不安。。。

当日は良いお天気に恵まれました。コースの大部分が自動車通行不可になるという贅沢なイベントで、道が広くて走りやすい!レースでも無いので、自分のペースで走れます。途中約5マイルごとに休憩所もあります。上り坂では降りて歩きつつも、なんとか24マイル(40km)を走りきりました。TORITORIはもっと長いコースを走りたかったようですが、初心者(しかもマウンテンバイク)にはこのくらいがちょうど良いのです。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Commuter Challenge

Rimg0013寒ーい冬が終わってから、自転車通勤を始めて、今シーズンは600マイル(960km)走ったようだ。"Commuter Challenge"と称して、公共交通機関や自転車、徒歩による通勤を推奨するキャンペーンをやっていた。ウェブサイトで通勤にどんな交通手段を使ったかを登録すると、温暖化ガスの発生をどのくらい抑制できたとか、ガソリンをどれだけ節約できたなどを教えてくれて、ちょっとした達成感を得られる。自転車通勤を続けるモチベーション維持にも役立った。そのサイトを使っていたので、自転車通勤で走破した合計距離が分かったわけだ。来週には1000kmを超えるだろう。

TORITORI


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう、止まれない。。。

Rimg0037蒸し暑い日が続く。それでも、負けずに自転車通勤。と、いうよりも、じっとしててもダラダラと汗が出てくるなら、自転車で走った方が気持ちいい。走れば、自然と風をうける。そして、体の熱を奪って汗が蒸発して行く。しかし、信号などで止まると、その気持ちいいサイクルが崩れ、汗は蒸発せずにダラダラと流れて行く。熱が一気にこもる感じ…。
マグロなどの魚は止まると窒息してしまうとか…。TORITORIは、止まると暑さでまいってしまいそうだった。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tour D'AMICO

Rimg0026この週末は、3連休だったミネソタ。そのうちの1日、自転車のイベントに参加して来た。風も穏やかで、よく晴れた休日だった。D'Amico and sonsというファミレスとファーストフードの中間みたいなお店が主催という事で、ゴール後は、おいしいサラダやサンドイッチが待っている。そんな食べ物につられての参加だった。
ツインシティーの西側に位置するミネトンカ湖の湖畔のサイクリングロードもコースに含まれる。森と湖に囲まれてのサイクリングは実に気持ちよかった。

そして…程よく運動した後の食事のうまい事、また来年も参加してもいいかもね。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車通勤と消費カロリー

Rimg0015自分で書いたアプリをAndroidに組み込んで、自転車通勤で利用している。いわゆるフィールドテストをしているのだ。ここのページの情報を参考に、
自転車通勤時の消費カロリーも計算している。GPSのデータからその瞬間瞬間のスピードがわかるから、より細かく計算できる。とはいっても、推測の域をでるものではないのだが…。

通勤時には、往復で約800〜900kcalを消費しているようだ。なかなかの数値である。でもね、夏の間だけ、このように消費しても、冬の間にそれ以上に蓄えちゃうんだよね。それがここ最近の生活パターン。

ちなみに、過去のセンチュリーライドのデータから、そのときの消費カロリーも推計してみた。160km走ったときは、5000〜6000kcalと出た。こんなに凄いとは…驚いた。。。

TORITORI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サイドミラー

Rimg0008自転車のハンドルにサイドミラーを付けた。今はアメリカにいるので、車道は右側通行。だから、ミラーは左側に付けている。
目の視野が狭くなったのか、後方確認がしづらくなった気がする。そこで、ミラーを付ける事にしたのでした。

TORITORI

P.S. 車道を走行中、後ろから車が来るのが振り返らずともわかるのは、思ったより安心感がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやくスマートフォン デビュー!?

Rimg0001Androidを購入した。いわゆるスマートフォンである。日本にいた頃も、アメリカに来てからも、携帯や携帯のアプリに特に興味がなかった。その理由が今分かった気がする。気軽に手作りのソフトを組み込めなかったから。

Androidはおもしろい。iPhoneよりもおもしろい。気軽にいろいろ組み込めるから(iPhoneへは気軽とはいかない)。いろんなセンサーがついていて、自分の書いたプログラムが外界とコミュニケーションして動いてるのは圧巻である。市販のアプリを使い込むよりも、楽しいのである。ちまたには、きれいなデザインの優秀なアプリがごろごろあるが、その中から自分にあった物を探しているより、作っちゃった方がはやかったりする。自分が使うだけならデザインはしょぼくても問題ないし…coldsweats01

とりあえずは、趣味のサイクリングで楽しめそうな物を作りつつ、試しつつ、の日々が続きそう。マンネリになりがちな、自転車通勤のモチベーションも保てそう。

ところで、先ほどスマートフォンと書いたが、じつは電話としては機能させていない。契約してないのである。携帯電話は、白黒ディスプレイのプリペイドを使っている。今のところ、それで事足りているので…。足りていたので、スマートフォンに手を出すの遅れたというのも事実かも。ただ、音声認識がオンラインじゃないと使えないのが、ちょっと残念だった。でも、それだけの為に電話の契約するのも、もったいない(音声認識は、Wi-Fiでオンラインにすれば使える)。

昨年購入したiPadは、娘のおもちゃになりつつあるが、Androidはもうしばらくパパのおもちゃだね。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のロングライド イベント

Map_25月1日に久々のロングライド イベントに参加した。朝の気温は摂氏2度、空は鉛色の雲に覆われていた。そして秒速9mの猛烈な西風が吹いていた。時速に換算すると約30km、つまり西に向いて停止していても30km/hで走っているかのように風が吹き付けてくるという事。
とても5月の気候とは思えないが、これがミネソタ。そして、このイベントが「鉄人自転車走(Iron Man Bike Ride)」と呼ばれるゆえんかもしれない。時おり、雪もちらつく過酷なコンディションだった。

チェックインをすませ、一緒に申し込んだメンバーとスタートを切った。西風は容赦なく吹き付ける。最初の休憩所までの約20マイル(32km)は西へ一直線のコースなのだ。下り坂でも、ペダルを漕がないと前に進まない程。
時々、コースが南や北に向くと、吹き付ける風の音がや、みまるで無音の世界に来たように感じた。このとき、猛烈な横風のせいで自転車は路面に対して傾きながら直進していた。

スタートしてから2時間近くたって、ようやく最初の休憩所に到着。かなり遅いペースだが、この向かい風ならしょうがない。今回初めて参加したメンバーの一人が「この後は、スタート地点に戻るから追い風になるんだよね?風向きはそんなにすぐにはかわらないよね。」と。「最初にコースと風向きの話を聞いてなかったら、リタイアしていたよ。」

彼の言うとおり、後半の40マイル(言ったん東南へ向かいその後北東に向かうので、距離は20マイルより延びている。)は基本的に追い風で快適だった。朝、会場へ向かう車の中で、最初に彼に説明しておいてよかったとホッとした瞬間だった。

TORITORI


| | コメント (0) | トラックバック (0)

節約

Rimg0001ここのところのガソリンの高騰で、会社と家を我が家の車で一往復すると約2ドル分のガソリンを消費する。そこを自転車通勤したので、「今日は2ドル節約した!」と意気揚々としていると、「で、3ドルのビールを飲むんでしょ!」と茶々が入った。それくらいでは、鼻は折らせん!一汗かいた後に、3ドルのビールを1ドルで味わえるととらえるべきである!

とはいえ、最近飲んでいるのは50セントのビールなんだけどね。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車通勤再開

Rimg0015路肩にはまだ除雪された雪が高くそびえ立っている中、自転車通勤を再開した。ここ数日、気温は0℃を上回り、その陽気に誘われるままに。

ミネソタの三寒四温は、平気で20℃近く上下する。極端ではあるけれど、アップダウンの繰り返しで春が来るプロセスは日本にいたときと同じ。

昨年、さぼった分、今年はしっかりシェイプアップするぞ。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧