英語ができると

Niji育児休業中の今、英語を使う機会は殆ど無い。普通に日本で日常生活を送るだけであれば必要ないに違いない。

そんな中でも、英語の恩恵を受けることがある。例えば、パソコンソフトの調子がおかしくなったときやアプリのバグがあったときなどに、英語の掲示板を探したりするとかなりの確率で解決する。日本語とは比べ物にならない情報量を相手にできるようになったなと思う。留学前は、英語を英語として構えて読んでいた気がするが、今は英語が文章として目に入ってくる。英字新聞とかいっぱい読んだからね。 Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY is a must c.

Rimg0006タイトルは、通勤途中で見つけた広告のコピー。恥ずかしながら、mustが形容詞として使われているのは初めて見た。そして、その後の"c"一文字。
同僚に聞いてみたところ、"c"は"see(みる)"のことらしい。どうやら、「NY(ニューヨーク)は絶対見るべきよ」みたいな意味に取れるらしい。「ニューヨークにおいで」という観光の広告だったらしい。

TORITORI


| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物の鳴き声

Ushi動物の鳴き声って、言語によって違うんですよね。英語だと、にわとりはcock-a-doodle-doo、牛はmoo、豚はoink、馬はneigh、あひるはquack、鳩はcoo、羊はbaa、蛙はribbit、などなど。同じ鳴き方のはずなのに、日本語と共通するものが一つもないのは不思議ですね。。。 Sakiko


| | コメント (0) | トラックバック (0)

nursery rhymes

Lucy_spring娘が生まれてから、英語の童謡(nursery rhymes)を学び歌う機会が増えました。「Itsy Bitsy Spider」「Hickory Dickory Dock」「Wheels on the Bus」あたりは定番のてあそびうた。「Here We Go 'Round the Mulberry Bush (This is the way)」などは躾にも良さそうだし、「Hokey Pokey」などは運動にもなりそう。「Hey diddle diddle」などの韻は踏みつつさっぱりわけのわからない歌も楽しいものです。「Twinkle Twinkle Little Star(きらきら星)」や「Old McDonald Had a Farm(ゆかいな牧場)」など、日本でもおなじみの曲もよく歌われます。「if you're happy and you know it(幸せなら手をたたこう)」は、日本のとちょっとメロディが異なるんですよ。

日米共通するのは、リズムや音の響きが魅力的で生き生きとしていて、意味は二の次、そして歌詞やメロディに様々なバージョンが存在するところでしょうか。こういうのを聞いてネイティブは育っているわけなので、英語の勉強に良いと言う人もいます。私にはその効果の程はわかりませんが、早口すぎて口が回らないことは確かですcoldsweats01。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子書籍

Img_0011アメリカに住んでいることもあり、洋書に触れる機会は多い。近所の本屋やAmazonで購入する。遅まきながら、iAppのKindleを使って見た。これが実にいい。なぜなら、注文したらすぐに読める。読んでいてわからない単語があっても、指で軽く触れるだけで、(英々辞書ではあるけれど)意味を教えてくれる。洋書を読みきる時間が大幅に短縮された。最も気に入った点は、(本にもよるが)紙の書籍より値段が安い事が多いこと。もっと、前から利用すればよかったと、ちょっと後悔。

困った点は、ページレイアウトがページを行き来していると変わってしまう事。どこまで読んだかわからなくなり迷子になった気分。慣れなのかもしれないけれど…。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後は祈るのみ

Ak383"Keep your fingers crossed." うまく行くように祈っててという時に使う表現。日本で「エンガチョ」のときに指をクロスさせるが、直訳すれば、まさにあの形を「保ってて」という意味。クロスさせるには指を2本使うのでfingersとなっている。英語って、細かいなぁ…とつくづく思ってしまう。

さて、TORITORI、仕事の同僚との間でよくこのフレーズを使う。そして、あるとき、ふざけて指よりも大きくてクロスできる体の部分はと考えて「足をクロスさせてて」と表現したら、「そりゃぁ、かなり深刻だね」と言われてしまった。

その同僚曰く、さらに強く祈っててもらいたいときの表現はあるよとの事。"Keep your toes crossed"(つま先をクロスしててね)だそうだ。さらに強くは、"Keep your eyes crossed"(目をクロスさせてて)だとか。ん、どうやんだ?って感じだけど、まぁ、表現だからね。

「指」の次のレベルが、「つま先」だから、「足全体」をクロスさせるってことは、かなり深刻だということになったらしい。ただ、実際にそのポーズをとってみると、「トイレに行きたいの」だけのようにも見える。その意味では、深刻かもね…。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産と配達

Img057約1年以上前のことになるが、写真は娘が生まれた産院である。

いざ生まれるとなったとき、TORITORIの運転でここまできて、左中央にある赤地に白で書かれた「EMERGENCY」のところで、Sakikoをおろし、入院させる手はずになっていた。

ところで、英語で「出産」は"delivery"(複数形はdeliveries)。この"delivery"には、「配達」の意味も。ピザの宅配や、商品の納品なども含まれる。写真をよく見ると、右下に"All deliveries"とあり、矢印は"EMERGENCY"とは逆の方向を指している。

「ん?妊婦は、All deliveriesに行くべき?」とちょっとだけ戸惑った。これはいわゆる「配達」だけを指しているんだろうけど、気持ちの高ぶった新米パパ候補のドライバーの中には、混乱する人はいないのかしら?

TORITORI


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hit the ground running

P2070023"Hit the ground running."これ、英語のことわざらしい。日本語でこれに該当することわざは、どうも思い浮かばない。ビジュアル的に派手な言い回しなので、とってもアメリカらしいと感じてしまう。

実は、あるテレビ番組で、「このことわざは本当か?」ということを検証していたのだ。それで、この表現を知った。バラエティ番組で出演者が体をはっていろいろと試していた。馬鹿正直にいろいろ試すので、結構面白かった。

検証結果の前に、簡単に意味から説明しておく。直訳すれば「走りながら着地する」みたいな感じかな。オンラインの英英辞典によると、「始めっからガンガン働いて、いい成果を残す。」「すぐにでもエンジン全開で働けるくらい準備万端」という意味らしい。走りながら着地すれば、そのままただちに全力で走り出す事ができるだろうみたいなイメージのようだ。

さて、そのテレビ番組では、最下点でちょうど足がつくように設定された空中ブランコみたいなものにぶら下がり、走るまねをしながらそのブランコで落下する。うまく着地して、そのまま走りきれば、50m走なりを普通より速く走れるだろうと…。どれくらい速く走れるだろうか?として試し始めた。結果は散々…、いずれも結果は悪くなった。

出演者達は、悩んだ。空中で走るまねをしている部分に問題を感じたらしく、今度は、自転車でチャレンジ。車輪なら足よりも…、自転車をこぎながら着地して走りきればと…。しかし、結果はやはり…。またまた、出演者達は悩んだ…。人間の足のパワーが足りないんじゃないかと…。今度は自動車でトライ!結果は、白煙をあげての派手な着地の割には…。正確に結果を覚えているわけではないが、どれも散々な結果。

きっと、ハリウッドあたりなら、ド派手な視覚効果で、「どうだ、ことわざどおりだろ!」みたいな映像を作れるんだろうなと思いつつ、やっぱり、アメリカらしいことわざだとひとり納得してしまった。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

chubby, chubby, chubby!

Thunder_thighs赤ちゃんを連れているとよく話しかけられます。「Hi, baby」に始まり、「How cute!」まではお決まりで、ご機嫌なときは「Happy baby!」と言われます。

しかしその後が、、、「Chubby chubby chubby!」だの「You eat a lot!」だの「juicy」に「delicious」まで。。。「thunder thighs」なる言葉も教えてもらいました。一応体重は平均くらいなんですけど、ぽっちゃりして見えるからね。Sakiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なやましいアイ

Mn_2079アメリカでは、出産前にベイビーシャワーを友人が企画し開催してくれる。ときに、それはサプライズパーティーであったりもする。そして、当面育児に必要なものをプレゼントしてくれる。

子供が生まれる夫婦は、事前に「レジストリー」と呼ばれる欲しいものリストを作っておくと、ベイビーシャワー参加者は、そのリストからプレゼントを選んでくれたりする。

さて、写真はいただいたプレゼントの一つ。子供向けのおもちゃ。立方体の各面にアルファベットとそれに関連する絵が描いてある。例えば、「リンゴ"Apple"」の絵と"A"という具合だ。

その中で、「むむむ…」とTORITORIを悩ませたのが、写真の絵である。一見、蛇"Snake"の絵と"I(アイ)"にみえる。しかし、それでは組み合わせがおかしい。よくみると小さな足もついてる。「はは〜ん、確かイモムシみたいな虫は"worm"だっけ」と思ったが、やっぱり組み合わせがおかしい。

どうやら、シャクトリムシ"Inchworm"が正解らしい。娘に聞かれる前に、答えがわかってホッ。

TORITORI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧